« 硬化したくないなあ。 | トップページ | 早稲田にある茶箱は »

2016年6月22日 (水)

耳の感覚も進化する。

ジャズを最初に聴いた頃はサックスは誰を聴いてもけたたましくて叫んでいるようで区別もあまりつきませんでした。
ジャズギタリストもみな同じように聴こえたりチックコリアのピアノでさえ難しくて頭でっかちに感じて頭痛がしました。

それが少しづつ成長していくうちに長い年月がたつとかなり馴染んでいて把握できています。

最近は難しいと感じた現代音楽の音や和音もかなり馴染んできました。

頭でっかちに感じたり数学的に感じたり不快に感じた和音でさえじっくり長い年月をかけて付き合っていけば耳もゆっくり受け入れながら理解するようになり把握力が増しています。
それらの音は自分の中に自然と流れだし鳴り響くようにもなります。

ただし、とにかく好きであることが重要だと思います。

だからまだまだ進化成長は可能だと考えます。

|

« 硬化したくないなあ。 | トップページ | 早稲田にある茶箱は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 硬化したくないなあ。 | トップページ | 早稲田にある茶箱は »