« 鎌倉の骨董カフェ、ミルクホール。 | トップページ | 硬化したくないなあ。 »

2016年6月22日 (水)

まだ上手くなれる!

腱鞘炎の時は家でギターをできるだけ弾かないという我慢の日々でした。

今年になって腱鞘炎のしんどさもおさまってきて少しづつ弾けるようになりました。
でも続けて30分以上弾き続けると腕も疲れがちなのでだましだましの日々。

そんな中で手応えはあるのです。
一時は腕の痛みや劣化ばかりが気になって、さすがにもう肉体的には先に進めないと感じていましたが、最近はまだいけそうな感覚があります。

ギターを弾きながら修整ポイントに気がついたり力の抜き方に気づいたり。

粘って食らいついていれば何かあります。

昔やっていた単純な練習でも元に戻す(復活)という意味で効果があります。

指を指盤上で滑らせて移動する感触でさえ以前と比べて成長進化を感じます。

そこにケースバイケースで呼吸感もリンクして感じたり発見できると、やはり以前とは違った喜びや気持ちよさがあり、まだいけるという手応えがあります。

|

« 鎌倉の骨董カフェ、ミルクホール。 | トップページ | 硬化したくないなあ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉の骨董カフェ、ミルクホール。 | トップページ | 硬化したくないなあ。 »