« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

28日は四谷三丁目にある茶会記でサックスの橋爪君、パーカッションの井谷君と

さて、どうなるやらまったくわからない?

インプロをやるらしい?
曲もやるらしい?

自分は意外と不器用だからインプロモードになると曲の譜面をちゃんと見ながらやるという回路には上手く切り替えられない。

しかも譜面は弱い。
インプロモードのスイッチをオンにした時はもっと読めなくなるのだ。

変拍子は苦手だしどちらかというとやるのが嫌だ。
提示された曲で「この箇所を一緒に弾いてください」などと言われるとすぐ固まってしまうからそのとたんイマジネーション回路が閉じてしまい閃きは0状態になる。

気がついたら苦し紛れの反逆逆噴射や怒りの破壊工作といった暴発もあり得るから共演者に迷惑をかけたりひんしゅくをかいそうな自分もいるから不安がよぎる。
まあ今はほとんどそんなことはしないが。

さて、インプロといっても今は多種多様。
インプロだから全て好きだというわけではなく苦手な世界や好きではない世界があったり得意ではない世界もある。

自分が今やインプロだと思えないやり方やとうの昔にやり尽くしたような古いやり方をインプロだと当然のように思っているミュージシャンやそれは真似だろうと感じるやり方を平然と追求しているミュージシャンもいると感じることがある。

だから避けてきたやり方や外国のミュージシャンの真似にならないよう封印したやり方とか世界もあるのだ。

自分は何を期待されているのだろうか?

何でもできてやってのけると思っているのだろうか?

私が何か刺激的な新しい答えを持っていると思うのだろうか?

毎回次のライブは楽しそうで心ウキウキ小学生。

気分はワクワク遠足前夜。または運動会前夜の興奮ナイトな感じになるけど、初めての人とやる時は多少不安だったりすることもあるのだ。

ワクワクしつつも期待と不安が交錯する。

演奏する時は毎回トライベスト!

躊躇なくくったくなく自分のできる事を惜しげもなくやる!

あとは天命に任す!

などとアタフタしながらぐちゃぐちゃと物思う私もいるのだ。

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

金曜日は江古田フライングティーポットでフロウ

音が始まる。

思考以前の感覚的反応!

微音界、小音界、大音界、爆音界を駆け回る。

あらゆるノイズ。

肌触りのいい音。

攻撃音と破壊音。

音と狂気。

音とユーモア。

音と遊び。

優しい音。

冷えた音。

暖かい音。

逆撫でする音。

押しつける音、押しつけない音。

怒りの音。

包み込む音、つきはなつ音。

音と人。

音と人生。

意味否定音行為。

第三者的感覚音。

第三者的感覚行為。

閃きそく表現という瞬発力。

返しの瞬発力。

反応瞬発力。

呼応瞬発力。

つまりスピード感。

空間を斬る!

寸断!

時空のよじれ。

穴が開く。

新たなる世界に瞬間移動。

あらゆる音とパルスに対する反応体となる。

スローな世界。

安らかな世界。

光が見える。

光が射し込む。

つかのまの安らかで優しい時間。

臨戦体勢。

加速度。

瞬時に反転。

禅問答。

心の無重力。

流れに身をゆだねて触覚全開。

意識せずとも終わりが訪れる。瞬時に気づく。

その瞬時に手をひっこめる。

無駄な思考エネルギーは使はない。

奇跡がたくさん起きてテレパシー全開な時間が増えて上手くいけば全てが軽やかで幸せタイム。

インプロはポジティブ遊戯のようだ。

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

今日は中野ピグノウズでインプロジャムセッション。

最近は楽しむということで言えばインプロ人口も増えインプロのライブもいたる所で可能になりました。

プロもアマチュアも上
手い下手も有名無名も年齢もキャリアもジャンルも超えて渾然一体となり様々な実験的で楽しい交流が起きている。

そんな中で自分のできる事を徹底的に鍛えてほしいし、もし楽器がまだ上手く扱えなくていろいろなパフォーマンスを増やすならそれも中途半端でなく他人を納得させられるくらいの成長を期待したい。

もちろん自分もいつまでも成長したいと思いながらやり続けているのだが、今のインプロ系なライブシーンではみな同じようなチャージをとって表現しているのだから内輪同士で面白がっているようだとマズイわけです。

だからリスナーや共演者がちゃんと納得するくらいの実力をつけていってほしいと思う。

声を出したり変なことをしたり変わった音を出したりといったパフォーマンスならその気になれば誰でもできるわけで、その手の事を面白がる前に自分の核となる楽器の表現やジャズでもクラッシックでもロックでも、とにかくその人がやってきた音楽に関してはかなりのレベルでしっかり身につけていてほしいと思う。

でないのなら、逆にいかなる表現も徹底的に博打を打てる覚悟をもってして究極のハッタリ王となり他人を納得させるくらいの何かを身につけて表現してほしいと思う。

共に成長できたら嬉しいことです。

| | コメント (1)

2015年2月23日 (月)

今一番夢中な事

今一番夢中な事はチラシ作りだ!

1月は絵を描いてやはり爆発。

絵を描いていると徐々に夢中具合が加速してゆきどうしても「もっともっと」になっていく。

夜中の覚醒状態が続くのは今の心臓には悪いからこれは1月のみでストップ。

その後夜中はしばらくの間ギターを弾きまくっていた。

しかし1週間もたたないうちに左腕から左指までが痺れてしょうがないし握力が低下してきたからギターを弾くのは中断。

これは腱鞘炎か心臓など循環器系か脳梗塞のサインかメガネをかえて肩が凝ったせいか?

だからギターは今家ではできるだけ弾かないでいる のとメガネを作り直したからあとは心臓と脳の検査か?
うーっ、おっくうだ〜っ。

なわけで浮上したのが手書きのチラシ作り。

これも日に日に夢中になってきていてヤバいが、まあチラシ絵だから絵を描きすぎることはない。

思えば中学時代はイラストレーターになりたかったりポスターを書くのが好きだったり。

だから今年はいろんなチラシ作りを楽しむとしよう。

読書は老眼になってから読むのがつらい。
夜中といえば、あとは映画を見たり作曲をするってーのもいいかな。

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

明日23日は入谷のナッテルハウスで夢デュオ

夢デュオのレパートリーはジャズからオリジナルまで様々なバラード以外にスローなバラードボッサやフリーなオリジナル(早いテンポのもある)などがあります。

スローなバラードをよりスローにやる。
まだ音のない空間に静寂と細かなパルスを感じながらリラックスしたゆっくりな呼吸をしながら集中する。

静寂と細かなパルスを感じながら歌手との一期一会なやりとりが始まる。

歌手は細かい点の中のどこか好きなポイントを見つけては好きなニュアンスで次の歌詞を声とともに置いていく。

一拍ないし一小節の中のパルスとニュアンスをできるだけ感じながら音を出したくなる位置を選んでは音を紡ぎ続ける。

間の空いた空間と静けさを自ら楽しんで心を埋没させながらゆるやかな呼吸をして全身全霊で堪能する。

歌とギターがハモる感覚にも照準を合わせて集中する。

全てを忘れて曲の中に入る。曲になりきる。

ベリースローなバラードやバラードボッサでは自分にしかないタイム感覚をとにかく信じる。

これは私がずっとトライし続けていることで毎回が実験でもありヤリガイです。

レコードサイズのイメージでやってしまうやり方や構成を練った決めのあるアレンジはこのデュオには不要でほとんどやりません。

だからバラードは一曲が長くなります。
歌もギターソロもたいがいワンコーラスづつ全てやりきるからインスト感覚でやっている感じです。

その場での一期一会の編曲や新しい和音が閃くかどうかがこのデュオでのヤリガイでもあります。

このデュオにジャズによくあるかけ声のイエーィは似合いません。

むしろイエーィな雰囲気は空間がガサガサしてきてそれがイケイケになると静寂までもがなくなるからせっかくのバラードに集中しずらくなり邪魔になるのです。

絵ではないけど歌のキャンバスは一曲ごとに無音でまっさらな白でスーッとした気持ちで始めたい。

| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

明日は白楽ビッチェスブリューで江藤みどり(フルート)さんと

白楽ってどこ?
入谷ってどこ?

もし出演するライブハウスがなければ一生行かなかった町のような気がします。

そんな町の片隅に「えーここなの?へーっ、こんなところにあるんだ」
と思わず言ってしまうような小さなライブハウスがあり連日クリエイティブな熱い演奏が繰り広げられています。

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

明日は三茶のオブサンズで潮先さん(ギター)とサガユキ(ボーカル)と

潮先さんの表現する無駄のない和声の世界やメロディックなアドリブには頭が上がりません。

好きなレコードを一生懸命聴きまくったりがんばってコピーしたり努力すれば新しい和音だって知ることはできるしいろいろ学べば難しい和音も考え出すことはできます。

でもそれを組み合わせてスムーズで無駄のない完結した世界にまで構築するにはかなりの努力と能力とセンスもいると思います。

これはやってみるとわかりますが普通は多くの場合身につけたものがチグハグに組合さっていたりメロディーと連動する情緒感と知的な和音のバランスがほどよく組み立てられず表現する世界がゴチャゴチャになりがちです。

これを無駄なくちょうどよく当人の世界として個性をともなって表現できることが何気ないけれどいかに凄いか、いかに素晴らしいかを皆さんにわかってもらえたらと思います。

| | コメント (0)

18日は西荻アパレシーダでシューミー(ボーカル)との夢デュオです

やはり私はいまだに中央線から離れたくない感じで西荻でも相変わらずゴチャゴチャ活動していてそれが好きなのです。

私は中央線の吉祥寺が生まれた時からのホームタウンで小学校は途中から国立でした。
中高大と吉祥寺の成蹊だったせいか中央線の郊外がホッとして和むし感覚的にしっくりきます。

アパレシーダは西荻に行くのが嬉しくなるような小さくて夢のある可愛いお店です。

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

永遠の0

三回にわたりテレビで永遠の0をやっていた。

映画では伝えきれないことまで伝えたいという思いがあって六時間を超えるテレビ版永遠の0を作ったみたいです。

三回にわけて夜中にテレビを見ながら泣きました。

私は子供の頃から零戦が好きでした。
昔から日本の軍艦や戦闘機、特に零戦を見ると胸が震えるくらい戦慄が走り感動します。
まるで自分の前世が戦闘機乗りだったかのような気分になりあの中に自分がいたような気にもなります。
なんてかっこいいんだ!

それは理性的な大人の正しいとされる考え方や理屈などはなくシンプルに子供心にそう感じてしまうのです。

昔は日本軍の戦闘機を全て調べ撃墜王の記録も調べ全ての特攻隊の戦果の記録を調べたり「聞けわだつみの声」も読みました。

胸が高鳴りそして胸が傷みます。
そして感動します。

零戦の飛んでいる映像を見てあの中に僕らの父親世代の青年が乗って戦っていたのだと思うと胸が張り裂けそうになります。

今の時代、こんな事を言ったらお叱りを受けそうですが自分にとっての真のアイドルやヒーローはジャニーズ事務所のいろいろなタレントグループやスマップなどではなく零戦とそのパイロットです。

次元があまりに違う!

そしてあの戦争で亡くなられた全ての方の御冥福をあらためて祈りたい気持ちになります。

戦争反対、原発反対、を願い思う今日この頃ですがこれは日本という国に生まれ育った自分の中に起きる正直な心の感覚です。

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

明日は西荻クラップクラップにてインプロジャムセッション。

今、西荻のクラップクラップが熱い。

何かが起きて次につながる。
何かが生まれて次につながる。
何かを体験したり感じて発見する。確信する。そして成長する。

これは初心者であろうとベテランのミュージシャンであろうと同じ。

共に成長できたら嬉しいことです。

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

最近、そして明日は国立の奏で還暦ガットソロ

久しぶりのアケタの店はシューミー(ピアノの弾き語り)のグループだった。

シューミーは自分にとって尋常ではないくらい心から意気に感じて弾く気になってしまう相手です。

自分にとって歌う人とやるのは伴奏ではなくサポートでもない。

やるからには自分の事であり自分がやりたいからやるのと自分がやりたいことをやりたいようにやれる相手と一緒にやるだけです。
そして一緒にやる時は意気に感じて心から弾きたい。

ただそれだけ。

でも苦手な曲や忙しいアレンジの曲、知らないリズムの曲など、何かをしいられると自分の場合はあまり上手くは答えられないし続かないから自分はなんとワガママなギター弾きなのかとよく思う。

久しぶりにシューミーバンドをやれて意気に感じてギターが弾けて楽しかった。

次の日のエアージンは
スイスから来日したピアノトリオとのインプロでした。

彼らとの共演は自分的にとてもしっくりきて楽しめました。

改めてフリーミュージックの可能性に胸がときめいたし、今後自分が表現していくにあたっていいヒントももらえた気がしました。

外国のミュージシャンとフリーミュージックでいろいろ共演すると、中にはとても感性の面や脳内のいろんな回路などで通じ会える相手もいるからフリーミュージックをやっていてよかったとよく思います。

楽しかった。
うーん納得。

ありがたいことです。

昨日はフライングティーポットでミクロマクロナオヤ。

蜂谷さんと話していたらいつのまにか出会って20年くらいに。

最近は彼女と昔の話をすると嬉しい感じで懐かしいから時の流れを感じます。

いつものガッツリインプロはくったくなくやれてクリエイティブで嬉し楽しかった。

このトリオ、村田君(ターンテーブル)も今どんどん成長しているしお互いの成長を感じながら進化し続けている気がします。

ありがたいことです。

そして俺もガンバラなきゃ、と思います。

日曜日は国立の奏でガットギターソロ。

チラシには還暦ソロライブというタイトルもつけましたが、まあいつものガットソロなわけです。

久しぶりに昔弾いたことのあるスタンダードをやろうとしたらあまりに年月がたっていて所々忘れていたりしてまいります。

最近また左手が痺れてきたから腱鞘炎か?
すこし心配。

まあ連日弾きすぎなんですけどねっ。

ガットギターの世界は年々その奥深さに唖然として謙虚にならざるおえません。

ほんとまだまだまだまだ!
なことを思っているうちに還暦。
手は痺れてくるし肉体的にはガタガタしてきましたが、でも自分はやりたいからやり続けるわけです。

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

明日は江古田フライングティーポットで蜂谷真紀(ボイス)村田直哉(ターンテーブル)と

江古田といえばフライングティーポット。

フライングティーポットという言葉はプログレミュージックのスラングだそうです。

今まで知らなかった何やら面白い音に触れたいならフライングティーポットがお勧めです。

| | コメント (0)

今日は関内エアージンで スイスから来日したピアノトリオと

久しぶりのエアージン。

今日はスイスから来日したピアノトリオにゲストとして参加します。

彼らとの共演は楽しみ。
このトリオ、かなりインプロな感じだから私的にはかなり期待できそうです。
さて何が起きるやら?

MICHEL WINTSCH(ピアノ)
BANS CESTER(ベース)
GERRY HEMINGWAY(ドラム)

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

2月11日は久しぶりにアケタの店

久しぶりのアケタの店にはシューミー(ピアノ、ボーカル)のグループで出演します。

ドラムの樋口さんは高校生の時に吉祥寺にあったモズ(ロックのライブハウス)という店でブルースクリエーションという伝説のロックグループでやっていたのを見ています。

ブルースファンク系のセッションで共演した後に彼をシューミーのグループに推薦しました。

樋口さんはゆったりとしたエイトやブルースがかったバラードロックなど、いざとなるとジャズドラマーにはないディープでドスの効いたリズムで攻めてきます。

彼の延びしろのあるどっしりしたタイム感でゆったりディープなシューミーの世界をベースの是安(故人)と共に受け止めた時にシューミーバンドとして1つの強力な世界が生まれました。

若いベースの落合君は是安(故人)のベースを敬愛しているそうで弾き方がどことなく似ているような?

楽しみです。

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

カラーな絵

カラーな絵
な感じも!

| | コメント (0)

1月最後の絵

1月最後の絵
グシャギシ!

| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

そんなところに神様はいない!

イスラム国に続いてヨルダンによる空爆にも呆れはてて言葉も出ない。

神の名のもとに
神の名によって

などど公言して制裁を加えたりやり返したり他を攻撃したり裁くのは神のやっていることではなく人間のやっていることであり愚かな行為であり時に蛮行でしかない。

スポーツの試合でも違和感を感じる時がよくあります。
「神の御加護がありますように」と自分もしくは自分達の勝利を祈っている姿や胸に手をあてて十字をきってる姿を見ると昔から違和感を覚えます。

ただ一生懸命やれるよう祈っているのならわかりますが、どちらかの勝利のために神様はいるのだろうか?

神様は自分達の勝利のために味方につけるものなのか?
自分たちだけの幸せや勝利のために神様に応援をたのむのか?

そんな神様ならこちらからお払い箱だっ!

| | コメント (0)

経堂のワンダーランドのマスターが亡くなりました!

最初に、つつしんでお悔やみ申し上げます。

ワンダーランドは私が20才の頃に経堂駅のすぐそばにできた店です。

ジャズやロックをかけるスナックバーで当時はマスターの気取らない人柄もあって付近の大学生の出入りも多く、若い連中が集まっていました。

経堂に行くと最後はワンダーランドに行って一杯飲むかお茶するか何か食べて帰る。
ワンダーランドはそんな所でした。
マスターは僕らと同じ目線で飾らない人柄のおかげで居心地がよかったのです。

ワンダーランドにはたまにしか行きませんでしたが私がプロのギタリストになったくらいの頃、同じような世代の仲間が出入りしていてみんなして未来に向かって熱かった思い出があります。

マスターありがとう!

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

この頃

原因はよくわかりませんがどうやらブログからはフェイスブックにつながって掲載されなくなってしまいました。

絵は体調のこともありこれ以上夢中になると止まらなくなってヤバいので1月で打ち止め。

気がついたら全部で41枚描いていました。

1月30日は国立で松風グループ。
うーん快調!いいグループだ!
ありがたき日々。

そしてあくる1月の31日は還暦の誕生日だった。

フェイスブックではたくさんの人からお祝いメッセージ。

一人一人にちゃんとお礼メッセージをしたいけど大変なので一括して一度に皆さんへのお礼メッセージを書く。
そんなおりジャーナリスト後藤さんの悲報。

その後もありがたいことに続々とお礼メッセージがくる。
また一括してお礼メッセージを書こうと思いながらも混沌とした複雑な気分。
なんだか静かにしていたい気分。

後藤さんが亡くなった時にすぐ騒いだり誰かを責めたり批判するよりはしばらく静かに悲しんでいたい。
そんな気持ちになる。

そんな中での日々のライブ。

くったくなくトライベスト!

ありがたい日々。
楽しい日々。
優しい気持ち。
嬉しい気分。
複雑な気分。

久しぶりの渋さ

嬉しかった。
楽しかった。

2月2日はサガユキ君とフライングティーポットでインプロジャム。

今回は参加者が少なかったけど、この集まりとしての次につながる閃きが爆発。

そして今日2月3日は阿佐ヶ谷イエロービジョンにて舞踏のレンカさんと。

レンカさんは去年共演して私的にゾグッと感じるもののあった舞踏家です。
楽しみだ!

明日4日は
西荻クラップクラップにて還暦ソロライブ。

エレキギターによるインプロ中心。でも明日は特別に曲をたくさんやるかも?

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »