« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

今日の壁(2)

今日の壁(2)
三軒茶屋付近にてフワッ!

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
三軒茶屋付近にてウムッ!

| | コメント (0)

今日の鉄柱

今日の鉄柱
三軒茶屋付近にてオッ!

| | コメント (0)

昨日そして今日

昨日はライブの前に春から二人で江古田に住み始めたギターの谷君とフルートの三ツ井さんのホームパーティに一時間ほど顔を出しました。

僕の知らない音楽の話や音源を聴いたりユーチューブをみんなして楽しく談笑しながら見たり。

若い二人を見守るよき仲間が集まって酒を飲みかわしながら楽しい時間が過ぎていく。
これは音でつながる関係と言ったらいいのか、嬉し楽しい時間でした。

思春期は親と上手くいかなかったり学校が苦手でクラスになじめなかったり人を嫌っていたり。

みなそれなりにコンプレックスがあったり何かあったとしても、こうして音を通じて理解しあえる仲間が増えていろんな事を喋りあえお互いに成長しあえるのは幸せなことで嬉しいかぎりです。

みんなよき仲間に恵まれてどんどん優しくなっていけばいい。

夜はナッテルでシューミー君との夢デュオ。

このデュオはどの曲もインストモードでレコードにおさめるサイズではやりません。
一曲をこれほどタップリ演奏するデュオは他になく自分にはとてもやりがいがあります。
久しぶりにイントロからギターをジックリ弾いて半端なく肝の座ったシューミー君の声をジックリ味わってジックリ燃えました。

ふと、ジックリって変な言葉?

タップリジックリタップリジックリ。

さて今日はオブサンズでギターの潮先さんとボーカルのサガユキ君と。

ひたすら潮先ワールドを味わいながら気持ちよく歌うサガユキ君の歌をこれまた味わいながらギター弾くのです。

音楽は空間の中に感じる細かいパルスの狭間でいろんなニュアンスや音色や呼吸をより深く感じながらお互いに音を紡いでいけた時、無限の喜びと無限の宇宙といつまでも続くヤリガイを感じます。

| | コメント (0)

こんな事を思いました。

今年になって共演するようになった大ベテランの渡辺文男(ドラム)さんの音とつい先週共演したテリーデイ(イギリスのフリージャズドラマー)さんの音には表現スタイルこそ違うのですが共通の音色や素晴らしさを感じました。

両者の音色からはただ好きな音楽を表現したい一心で叩いているという素直で素朴なものを感じました。

その音から感じるのはギタギタしたものや未来に向かって羽ばたこうとする若い人にありがちなヤル気がみなぎっていて上昇志向の強い色気ずいたようなポジティブなエネルギーではなくひたすら愛する音楽や楽しい音の行為をしているといった気負いのないナチュラルな響きを感じました。

やはり今日一緒にやるギターの潮先さんもそうですが、それに比べたら私はまだまだで民謡の世界ではないが青年の部類な気がします。

やはり発せられた音の中にはその人が沢山つまっていて、その音はその人の心の在り方や長い年月にわたり何を感じ何を考え音楽をどう見ているか、常日頃の意識や人生からきているなと。

音色の中に必要のないよけいな成分はもはや無く、無駄のない素朴な音の中に優しさと喜びと愛情と夢と豊かさありき。

でも子供の持っている夢と同じだから色気づいていたり変にギタギタしていないのです。

それにしても人の数だけいろんな素敵な宇宙があるような気がします。

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

近所の壁

近所の壁
ウムッ、こんな気分になることもある。

| | コメント (0)

今日の鉄柱

今日の鉄柱
家の近所。

なんかたくましく強い赤だっ!

| | コメント (0)

攻撃は嫌いです

自分がいろいろな事を学んだり理解したとか知った知っているのだと思い
、なおかつ自分は知ろうと学ぼうとしている人だと思い、自分のペースで生きている各々の人を批判めいた口調で語ったりダメ出しを出したりするのは好かない。

みな人生がある。

このような思いかたが争いの戦争の原点ではないのか?

知っていると思っている人の上にはもっと知っている人がいるとしたら知っている知らない学んでいる学んでいない、進んでる人がいるならもっと進んでる人がいるわけだからこのような事はピンからキリまでであるからして、上も下もどうでもよくってもはやそんなことは問題ではないのではないか?

仲好くしなきゃ!

普通?に生きてる人が一番偉いと思う加藤で、いや下等でございます。

そこの人、重い荷物を背負って歩くオジチャン、オバチャン、子供達、ひたすらありがとうと感謝する人、人を悪く言う発想のない人、何も知識がなくても世界政治や文化やアートが解らなくて気づかなくても優しくておおらかな気持ちをたやさないで田植えをしているオバチャンや商店街でニコニコしているオバチャン、オジチャン。

私は彼等には到底かないません。

人が人を見下すとか上から目線とか劣っているとか遅れているとか人と人の個性とは別の学びの度合いや違いを他人の生きざまを批判したり攻撃的になる心に僕は心から涙します。

このような心の在り方と競いあうという競走が加わって行き着くところや疑心暗鬼や憎しみの行き着くところが戦争ではないのか?

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

ミクロコスモス

若い生徒でフラメンコギターの達人が習いに来ている。

フラメンコ同様にジャズをマスターするには一生かかってもたりないが、フラメンコを中心にすえて即興を学ぼうとしている彼とは今バルトークのミクロコスモスを二人で見つめている。

私はヘ音記号が苦手でいきなり彼が持ってきた二段の譜面を読むのはかなりキツいが、いろいろな項目を弾いていると自分が想像したり感覚で導き出した答えはどうやら間違いでもなさそうだと確信する事が多いい。

やはりいろいろな国や地方、民俗、時代、歴史の中で宗教や権力と共に音楽は歩んでいる。

自分達が当たり前だと信じている音楽常識や音楽感覚はある時期「特にバッハあたり」からのことで歴史の中で滅ぼされて消えた国や民族の音楽はもはやメインたりえない。

それらは時代の中で古い、異端、間違え、などと扱われたり時の流行もあったり。

クラッシック音楽の進化の過程できずくことは思った以上に多いい。

そして作曲家やミュージシャンは昔も音でいろいろ無茶な実験したり遊んだはずである。

こうしてミクロコスモスを見ていると音階や現代音楽について以前ふと気づいてそんな想像をしたことが改めて間違いではなかったと実感する。

| | コメント (0)

足下浅草橋

足下浅草橋
美しい〜

| | コメント (0)

足下浅草橋

足下浅草橋
美しい〜

| | コメント (0)

鉄壁浅草橋

鉄壁浅草橋
言えないもどかし君

| | コメント (0)

ホット

ホット
屋上の壁

| | コメント (0)

本日の電柱

本日の電柱
それでも私は電柱として立っているのです。

| | コメント (0)

本日の床

本日の床
秋葉原道中

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

な感じで

な感じで
今日の電柱プラサオンゼ前。

| | コメント (0)

な感じで

な感じで
青山通りから鉄壁!

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

今日の電柱

今日の電柱
下北沢駅前付近

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
下北沢駅前飲み屋通り

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

自分はいつもギリギリでアップアップで運を天に任す感じ

今でも不思議だけど自分はやっている音楽の知識はあまり記憶できなくて専門的な資料や書籍を読んでも頭に入らないから、ただただ気分や感じだけで解らないながら夢中で演奏している。

感じしかわかっていないことが多く、いや感じだって解っていないかもしれないが、その実体をちゃんと把握しているかというと経験のみで無責任極まりなく、ただなんとなくこの気持ちよさってこんな感じかな?である。

であるからせめて本番前にはビールでも飲んで弱気の虫さんには少しの間横にどいてもらい幸せ気分全開でリラックスしーの集中しーの。
で強気任せのハッタリと一か八かの閃きに任せるのです。

ハッタリや博打的な閃きプレイがみごとはまって当たればその日限りのアイディア炸裂で面白い演奏になり発見多しで効果大。

ただし失敗してはずれればまわりから何故?何難しい事やってんの?わざと?美味しいとこどり?ひねくれてる?またしでかす、というわけで変人偏屈変態頑固ワガママなどのヒンシュク印象祭。

あとは多くの叩き上げからさもいつのまにやら何でも知っていてできそうにやれる時もその実はアップアップでギリギリで心もとないがナゼか昔からこの状態が楽しくて不安は少ない。

アカデミックなテクニックはあまりないくせにすぐ無理好きなあげぐ自分の限界を超えてガリガリゴリゴリ。

だから毎年自分なりに少しでも理解を深め向上し成長をしたいと思っているのだが、づ脳と肉体が年々劣化中でもあり演奏時は楽しくもゴソゴソモゴモゴガツガツ指は痛し。

さて、週末はマッタリボッサに今キレキレな連中とのブラジル音楽。

私は天才などではなく器用と不器用が混在し目の前の事態にはすぐ右往左往する1ギタリスト。

このありがたくも幸せな苦難の連続でもある長い道のりをいかに楽しく乗りきるか!

であるからして、夏だっ、ビ、ビ、ビールだっ!

あー、なんたる幸せの勢い任せ!

落ち込むよりは日々楽しく反省したい!

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

床じゃっ

床じゃっ
ベルベットサンの床
なかなかよし。

| | コメント (0)

さて今日はベルベットサンにて

さて今日はベルベットサンにて
これからベースの池上君とイギリスから来日したドラムのテリーデイさんとインプロだ。

早く着いたので例によって近くを徘徊。

なんとベルベットサンのすぐ裏手には都会のオアシスあり!
あるいて2分か?

緑も多く体育館に公園に杉並中央図書館。

徘徊いいよ!

さて
二人とのインプロがこれから始まる。
テリーデイさんはいかにもイギリス労働者階級を感じさせる身なりと風貌であり聞いたらホントに労働者階級だそうな。

彼とは去年の7月に初めて共演しました。

テリーさんは肩に力の入らない人生に気負いないあくまでも自然な音が素晴らしいのです。

| | コメント (0)

今日の電柱

今日の電柱
荻窪から
おまえいろんな目に合ってきてるなあ。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

今日の電柱(2)

今日の電柱(2)
中野より
うっ、赤にグサッと!

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
中野より
おっ、小粋じゃないの!

| | コメント (0)

今日の足下

今日の足下
中野より
うーん、よきこぼれかたである。

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
中野より
うむ、鮮やか!

| | コメント (0)

今日の電柱

今日の電柱
中野より
うーんシャープだ!

| | コメント (0)

実は血が騒いだ!

町内会の祭が近所の小学校であったので家族共々二人の孫たちと行ってみた。

校庭には芝がはりめぐらされていてジャリだった頃と比べると一面の緑がなんともキレイで気持ちいい。

孫たちは本能的に校庭に飛び出してゆきチョコチョコ歩いたり走り回ったりして嬉しそう。
自分も校庭に飛び出していった。

こんな日がくるとは。

校庭では何人もの小学生がサッカーをやっていた。

時おり小学生の蹴ったボールがこちらに飛んでくる。

そのたびに蹴り返すのだが、自分の中ではその瞬間がたまらなく嬉しくて理屈抜きに血が騒いでいた。

おーっ、もっとボールを蹴りたい!
うーん、サッカーやりたい!

何回か蹴り返すチャンスがあったので一度だけ昔のようにトラップして少しだけドリブルしてから蹴り返してみた。

うむっ、俺まだ若いかも?俺まだできそう!

夏祭りで飲むビールはこれまた格別。

今の自分の心臓は歩いているだけで弱々しく感じられて心もとないが、小学校の校庭には不思議と小学校の頃の自分に帰ってしまいそうな魔力がある。

休み時間になると広い校庭に向かって走り出す。

心ときめいてワクワクし胸踊る。

何の理屈もない。

そこに永遠不滅の夢ありき!

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

俺にも喋らせてくれ

俺にも喋らせてくれ
と電柱君が訴えているような?

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

今日の壁(4)

今日の壁(4)
浅草橋徘徊 おっ

| | コメント (0)

今日の壁(3)

今日の壁(3)
浅草橋徘徊 うっ

| | コメント (0)

今日の壁(2)

今日の壁(2)
浅草橋徘徊

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
浅草橋徘徊

| | コメント (0)

今日の電柱

今日の電柱
浅草橋徘徊

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

エアージンの壁だよ(2)

エアージンの壁だよ(2)
な感じだ!

| | コメント (0)

エアージンの壁だよ

エアージンの壁だよ
うーん 気持ちいい〜

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

今日の壁(2)

今日の壁(2)
新宿である。

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
新宿である。

| | コメント (0)

私のブルースロックのアイドルだったジョニーウィンターが亡くなった。

まず、心より御冥福を祈ります。

ジョニーウィンターとの出会いは高校2年。

たしかライブ盤でギターのリックデリンジャーと強烈なブルースロックをやっているレコードだった。
ブルースだけでなくストーズのジャンピングジャックフラッシュもやっていてとにかくとてつもなく強烈なグルーヴとスピード感や荒々しさ破壊的な声にノックアウトされたのでした。

それからは5、6枚は彼のレコードを聴きあさり弟のエドガーウィンターまで聴いてみた。

ジャズにロックにブルースにボサノバに、そんな熱い夢膨らむ高校時代でした。

実は今の演奏で時おり出てくる自分のロックフレーズにはは彼の影響があります。

ジョニーウィンターさん
、私の高校時代に夢と希望と興奮をありがとうございました!

| | コメント (0)

さて、今日はダブルヘッダー

昼は新宿ピットインで今村さん(コンガ)のグループ。
夜は西荻クラップにてオチョコ(ボイス)さんとのフロウという名前のインプロデュオ。

最近では珍しい久しぶりのダブルヘッダーだ。

まだ二十代の頃だけど参加するグループが増えると新宿ピットインの朝をやって昼は歌舞伎町のタロー、夜は高円寺のアズスーンアスなんていう連チャンもあった。

今思うと懐かしい時代だけど「よーやってた」と思う。
時にはでかいアンプを手で持って電車で運んでたからいやはや「よーやってたわ」な思い出でした。

で、無名ながらどこで演奏してもお客さんを集める努力をしなくてもお客さんが今よりたくさん来てたし日銭を稼げる店もたくさんあったのだからよき時代だったのかもしれない。

今ではオーソドックスなジャズやスタンダードをやってても客は少ないし日銭になる店も少ないしそんな店は仕事の取り合いにもなるから今の皆さんは昔より別の意味で大変に感じます。

でも音楽バカは金銭面での学習能力が欠落していて低いからこんな状態でも豊かな時間といろいろな幸せや演奏を楽しい快楽として見いだして懲りずにやり続けられるのです。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

おーっ壁様

おーっ壁様
浅草橋より。

| | コメント (0)

本日の壁(2)

本日の壁(2)
浅草橋より。

| | コメント (0)

本日の壁

本日の壁
浅草橋より。

| | コメント (0)

今日の電柱(2)

今日の電柱(2)
浅草橋より。

| | コメント (0)

今日の電柱

今日の電柱
浅草橋から

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

うーん、大丈夫かも?

心臓の鼓動を安定させておく薬を飲まなくなったので、あえていつもより沢山ビールを飲んでみた。

自分の不整脈はビールを飲むとひどく辛くなっていたからこれでもしまた不整脈のひどい症状がでて歩けなくなってうずくまるとしたらヤバいが、どうやら大丈夫そうでホッとした。

| | コメント (0)

いやはや

昨日から心臓関係の薬が1つ減りました。

今は血液サラサラの薬と胃薬のみ。

薬が1つ減って少しホッとしたけど新たに血圧を頻繁に計ってノートに記録するようにと言われてしまった。

うわっ、メンドクサっ!

最近、自分のギターはインプロをやっていると打ち上げ花火状態か沈む前の戦艦が最後の弾薬を使って斜めに傾きながらありったけの大砲を誰もいない空に撃ちまくっているような気がすることがある。
そして今の自分の心臓に対しては以前より激しくギターを弾いて「壊れるなら壊れてみろ!」みたいな気持ちで挑戦している時がある。

来年は還暦だが年齢としての現実やベテランと言われることに、どこかで背を向けて拒否しているような。

ベテランになってベテランらしい落ち着いた渋いギターを、などという境地に至るのはまだ早いと思ってみたり、自分をまだまだと言い聞かせ自らを壊したり突き崩して円熟の境地「とはいったいなんぞや?」を避けているような。

ガツガツガツガツ
モグモグモグモグ
ガオーッガオーッ
ドカンドカン

もちろんガットギターなどで美しく優しいギターもたくさん弾きたいが、まだまだデカイ音も出したいし粗っぽくもやりたいしギリギリのところで
ガッツリやりたいのだ。

年とって、ベテランだから円熟したよい音色で小さい音で無駄のない、なんつーのも時にはいいしそれは当然ながら素晴らしいのだが、自分はまだまだっ!

昔はデカイ音出してどうたらこうたら〜

なんてベテラン顔して話すよりもは今現在もガツガツバクバクますますガツガツバシバシ。

そんなギターも弾き続けたい。

「まだそんなことやってるの?身を削ってなんになるの?どうかしてるんじゃない?」

なんて言われちゃうのも悪くない。

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

横浜から

横浜から
壁(4)

| | コメント (0)

横浜から

横浜から
壁(3)

| | コメント (0)

横浜から

横浜から
今日の壁(2)

| | コメント (0)

横浜から

横浜から
今日の壁

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

柳家小春三味線教室の発表会

小春さんの生徒さん達の三味線弾き語りをかねてから一度見に行ってみたいと思っていたので日曜日に時間が空いたので見に行ってきました。

和やかな雰囲気ながら皆さん緊張していたりして一人一人の個性がほのぼのと伝わってきました。

いやはや
三味線の弾き語りは奥が深い。

三味線の音色から人が見え表現する時のリズムやタイム感からも人が見え。

いろいろな演奏を聴いていると、空間が踊り出したり空間がどっしりと引き締まるようなタイム感やリズム感、間合いや音色の裏側には常に心が乱れないでいるための集中力やそのために心がざわつかないでいるための静なる世界が同時にあるような。

それにしても一人一人の違いに関心した楽しい一時でした。

| | コメント (0)

カベマリア

カベマリア
阿佐ヶ谷駅プラットホームから

| | コメント (0)

カベマリア(2)

カベマリア(2)
阿佐ヶ谷

| | コメント (0)

カベマリア

カベマリア
阿佐ヶ谷

| | コメント (0)

今日の電信柱

今日の電信柱
阿佐ヶ谷

| | コメント (0)

今日の壁(5)

今日の壁(5)
成田東徘徊

| | コメント (0)

今の壁(4)

今の壁(4)
成田東徘徊

| | コメント (0)

今日の壁(3)

今日の壁(3)
成田東

| | コメント (0)

今日壁(2)

今日壁(2)
成田東徘徊

| | コメント (0)

今日の壁

今日の壁
成田東徘徊

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

いい感じだ!

昨日は三軒茶屋オブサンズ。

やはりここで夢デュオをやってよかった。

僕らにはとても集客力はないからいろいろ演奏する場所を増やすとますます墓穴を掘る。

だから演奏する場所を増やしたくても無理に増やせないジレンマのある中で好きな場所をみつけると意を決して演奏にふみきります。

そんな中で幸せを味わうのはもちろん聴いてくれるお客さんがいるにこしたことはないのだけど、演奏しに行った場所で心おきなく好きにやれてその場所が自分たちの音を喜んで受け入れてくれていると感じられることです。

だからありがたいことなんです。

今日は西荻クラップでボイスのヤス君企画のインプロイベントだ。

ヘナチョコ野郎からこいつ役者やなあみたいな奴からガッツリ野郎までいろんな音を出す連中が集まるなかなかよいイベントだっ!

今してるから刺激になるし学ぶことありだっ!

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

好きだなあ

チラッと見てたけど
NHKに好きな女優の加賀マリコさんが出ていました。

私は戦争も原発もいらないとかざっくばらんに発言していたようです。

そんな中で
「この地球にほんの少しだけの間オジャマしているんだから何も争ったり着飾ったりしたくない」
みたいな発言があったそうな。

これ好きだなあ。

頑張ってる人はとかく足下を見られまいと自分をつくろって飾ったり強がったり上手くいっているように見せたり。

弱味を見せるのが負けみたいに思っていたりどうしても張り合ったり競争したり。

人間はこうして宇宙から地球を見たら地球上で小さな存在だと知っていろいろ学んだとしても、やっぱり人間なんだよね!

まだまだついつい無駄骨おるの好きだし浅はかだしね。

でも私は地球にちょっとの間だけオジャマしてるという言い方って等身大的で謙虚な感じで好きだなあ。

いつも何処でも誰とでも等身大で自然体でいられたらホントに幸せだろうなあ。

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

うーんなんとかならぬか?

ライブハウスに来ていた整体の方に見てもらったところどうも腱鞘炎の重症らしい。?

左腕のシビレと傷みがひどくて毎朝腕の激痛のせいで目が覚めて寝れない日々が続いていた。

「腱鞘炎を治すにはギターを弾くな!だけど忙しいのダメだからせめて家にいる時はギターを弾かないように」
と言われて1ヶ月以上がたった。

さすがに腕の激痛は治まったのだがシビレはまだひどい。

いやはや、家でギターを弾かないでいるのはいい加減煮詰まる。

まだ演奏に向かうメンタル面やハッピーモチベーションは悪くないが足かせをかけられた感じでいささか参る。

| | コメント (1)

2014年7月 9日 (水)

さて、ギターの潮先郁男さんの事を少し

まず、凄いギタリストです!

彼のアドリブは究極のフェイクであり何時も歌っています。

彼の和声ワールドはほぼ完成の域にあります。

スゥイングの名手であるゆえにテンポによっては一見跳ねるように聴こえるリズムですが、リズムには伸び縮みと幅がありメトロノームの点と点の間にたくさんのパルスと豊かさを持っています。

耳は恐ろしいほど優れていていまだに衰え知らず。
演奏時におけるスピード感や反射神経もいまだに衰え知らず。
オーソドックスの名人でありながらフリージャズに対しても間髪入れず反応します。

これは彼の耳の良さと反射神経とが関係があると感じてますが、彼は実は空手や合気道の有段者で手さばきのスピード感は年老いてなお凄いのです。

攻撃を受けたとき潮先さんが防御するときの手さばきを見た人はきっと驚くでしょう。

アドリブの音色は熱く温かく優しく子供のような夢もありロマンと喜びがあり豊かです。

演奏には無駄がなく飾ったり背伸びしたり邪念がありません。

しかも音に強い確信と意志があります。

若いギタリストはとかく派手なギタリストや指が早く動いてびっくりするサーカス的なテクニックのあるギタリストや新しい技を披露するギタリストにどうしても興味を持ったり惹かれがちです。

私も若い頃はジムホールやとつとつと弾く高柳(故人)さんにも惹かれましたが派手な音数の多いエキセントリックなギタリストに惹かれては目を奪われていました。

そのような時期は一見地味な音数の少ないギタリストは好きでも眼中に入らなかったりその良さの奥深さが見えない解らないことがあります。

しかししかし。

潮先さんは愕然とするくらい素晴らしくて凄いのです。

だから私などはまだまだ青いと感じます。

秋に潮先さんの二枚目のCDが発売されます。

今度の作品では熱血サガユキ君(ボーカル)のみならず私の尊敬してやまないアルトサックスの宮野さんがフィーチャーされています。

特に潮先さんと宮野さんのハーモニーと音は確信に満ちていてしっかりとした意志と謙虚さと優しさの極みです。

私は最初の作品に参加できただけで充分なのですが今回も数曲参加することになりました。

ありがたいことです。

| | コメント (0)

新しい生徒が入ってくる

いろんな奴が教わりにくる。

それに対して自分は先生としてはまったくもってまだまだ不完全でありろくなもんじゃあないかもしれないが、年下の生徒に対してはどこかで自分の子供に対する感覚と同じようなものがある。

できの悪い奴ほど気になる。
できの悪い奴ほど心配になる。
できの悪い奴ほど可愛い。

人の心にはそんな側面があるのだから生徒諸君に対しては安心立命を願う。

ギターが上手い下手なんて気にするな。
そんなことで引け目を感じたり自信なさげにしなくたっていい。
知らないということを恥じたり隠さなくたっていい。
できないということを恥じたりみっともないと弱気でいなくていい。

もしもムダで必要以上な劣等感があるならば早く捨ててほしい。

人の価値観や人格や人間性の素晴らしさや魂の素敵さとギターが上手いとか下手だとかいろんな事を知っているとか知らないとかはあまり関係ない。

そんなことはホントはどうでもいいから音と音楽をできるだけ真っ直ぐ愛して受け止めてほしい。

そしてわからなくてもいいから自分の感覚や感性を信じてほしい。

そんなとこから音楽を始められたらパラダイスカフェでビールだっ!

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

アケタ入口の床

アケタ入口の床
西荻なわけだ。

| | コメント (0)

アケタの壁

アケタの壁
西荻である。

| | コメント (0)

今月発売になったCDのこと

今月、フルデザインレーベルからten-shiというタイトルのCDが発売されました。

内容は藤掛正隆(ドラム)君とのエレクトリックなインプロデュオです。

今回の作品もエレクトリックソロやアワイ(ボイスのオチョコさんとのデュオ)に続いて今の自分のやりたいことと今の自分にできることが一枚の作品におしみなく記録されたと思います。

自分にとってのインプロは守るものも無し失うものも無しといった心境で失敗を恐れず毎回崖から飛び降りるという捨て身な要素がたくさんあるから博打度が高くハッタリ力や集中力もかなりいると言えます。

演奏時には常に自分への挑戦もあるから既にできている事や今まで築いたものをあえて壊す行為にもおよびます。

長年身に付けたジャズのフィーリングや感覚で表現することもあるけれど、時にはそのジャズ的な感覚と要素を破壊しつくします。

自分の中にあるロックな感覚も自由に閃くまま表現しますが同じです。

ジャズやロックのみならずいろんなイメージや様々な感覚での表現を演奏中に多次元的に交錯することができれば立体的な表現になり時空のよじれや広がりも感じられた時、それは今自分が表現したい好きな世界であります。

現代音楽的な感覚、ノイズな感覚、アンビエントな感覚、ミニマムな感覚、リズムミックスな感覚やリミックス的な閃きなどが繰り返し押し寄せる波のように押したりひいたりしながら閃き続けていられたら今の自分には最高な状態で一番のヤリガイです。

空間的な世界に始まりそこに過激的、破滅的、平和な世界や遊び感覚から狂気な世界までがあり全ての表現に本気性と精神的な持続力も備わって表現できたらとても充実感があり嬉しいことです。

今回もそんな毎回一度きりの捨て身の挑戦が記録されました。

このデュオを企画してくれた藤掛君に感謝します。

藤掛君と心から好きにやった結果をこのようにCDという形に記録できたことは心からありがたいことだと思っています。

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

桜座

桜座
楽屋の床。トイレ付近。

| | コメント (0)

桜座

桜座
外壁

| | コメント (0)

桜座の

桜座の

| | コメント (0)

桜座

桜座
カフェの床

| | コメント (0)

桜座

桜座
入口の床

| | コメント (0)

桜座の

桜座の

| | コメント (0)

桜座の

桜座の
裏壁

| | コメント (0)

桜座の

桜座の

| | コメント (0)

桜座の

桜座の

| | コメント (0)

桜座にて

桜座にて
楽屋トイレの壁

| | コメント (0)

壁山梨甲府興奮壁

壁山梨甲府興奮壁
桜座にて!

| | コメント (0)

藤掛君(ドラム)とのデュオCDが発売になりました。

藤掛君(ドラム)とのデュオCDが発売になりました。
発売はフルデザインレーベル。
内容はインプロ。

かなりガッツリやってます。

| | コメント (0)

空手の演武を見て感動しながら思い出したこと

シェアした空手の演武に惹き付けられ身がひきしまる感覚をともないながらジワッと感動しました。

心に濁りや迷いのないスピード感と連動した動きはなんと美しいのでしょう。

見終わってからなぜかベースの金井英人(故人)さんのことを思い出しました。

金井さんはそれはもう無邪気な大先輩で出会ってから20年くらいですが何かとお世話になりました。

金井さんの演奏における閃きには時々空手のような要素がありました。

金井さんは演奏中ふいにエイッ!と電光石火で一撃必殺技のような行為をしました。

ベースの弦をバシッとたたいて鳴らすかと思えば時には用意していた金物を床に投げつけたり突然エイッと叫んだり。

これが無邪気というかイタズラっ子というか(笑)

そんな金井さんの一撃必殺な一発芸はフリーな演奏の最中に決まると天才ではないかと思うくらい物凄い効果がありました。

気合いとともに放たれた音によって時空が真空になるというかそれまでの世界が一瞬にしてよじれるというか。

これは空間のあるインプロビゼーションにおいて決まった時は効果抜群。ゾクッとして極めて楽しくスリリングでした。

ただし、この一発芸は気合いが空振りして失敗するとドッチラケでそれが無邪気な金井さんだからなおのこと笑ってしまうこともたまにありました。

だから金井さんとインプビゼーションをやるとよく剣豪同志が果たし合いをしているような気分になったのです。
間合いを取って音のない空間に心を集中させながらすり足でじわじわ音の距離をはかり空間の中に感じた隙を見つけては間髪入れず拳(音)を打ち込むみたいな感覚によく陥りました。

それは古老の剣の達人と試合をしているような妄想が浮かぶくらいの感覚でした。

いやはや、久しぶりに金井英人さんを思い出しました。

金井さん
心からありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

新宿から

新宿から
今日の壁

| | コメント (0)

とっても複雑な気分

ここ数日はとっても複雑な気分。

というのも時の総理大臣が同級生だからです。

戦後、日本はアメリカによって導かれたレールに乗っかり、そんな日本の政府の敷いた道にそって平和と幸せを享受してきた国民が大勢いるわけです。

つまり世の中に起こり得る汚いこと大変なこと辛いことの解決や処理は政府に任せられた当然の役割であり国民は無駄な事は新聞やテレビのニュースでさらっと知るくらいにしてあとは自分らの平和と幸せと富を自由に好き勝手に追求して享受するのが当たり前という流れで数十年きていたと思います。

そんな国民が過半数を占めるならば、何かあった時はやはり自民党をたより自民党が勝ってしまいます。

政治の事や日本の平和はおまえら自民党に任すからお前ら頑張れ!

我ら国民は君達をあてにして楽したいし見てるから。

つまり今の日本をこうならしめたのは実は僕ら多くの日本国民だったのです。

これも日本の民主主義の歩んだ1つの姿であり責任は我らにあり!

とも思うのです。

人の在り方や生き方次第だけど人生にはまだまだ学ばなきゃならないことや知る必要のあることが沢山ありますね。

誰に対しても人の良かった安倍君はいくらプロの政治家になったとしてもどの国に対しても基本はお人好しなはずです。

仲良くしたいからいろんな国との交換条件にも応じてしまうでしょう。

これでは真の保守派とは言えないでしょう?

そこが一番危険だと思いますが同級生が罵倒され否定されるのも心痛く複雑な気分になります。

もう国民は今までのような政治や政治家にオンブしている時代ではないと思います。

これまでの民主主義ではなくより成長した日本の新しい民主主義を展開するために!

音楽と音楽環境において自分にできるかすかなことを考えながら生きたいとも思います。

そして若いひとに期待します!

なんでも総国民投票にしろっ!

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

ホットの横にある電信柱

ホットの横にある電信柱
ウムウム

| | コメント (0)

今日の電信柱

今日の電信柱
浅草橋より、うーんなかなか。

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

な感じで西荻

な感じで西荻
同級生のアベ君!
昔は皆にいい奴だったけどアメリカ君にとっていい奴である前に日本国民に対してまずいい奴であることを信じたい。

| | コメント (0)

西荻壁道中

西荻壁道中
壁劣化は魅力的。でも劣化する日本はいやだなあ。

| | コメント (0)

閣議決定なわけだ

閣議決定なわけだ
壁西荻

うーん

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »