« ノラ訪問 | トップページ | 小谷さんという先輩ジャズピアニストと初めて共演 »

2014年3月 6日 (木)

幸せの裏側で涙する

日本という国で自分らの多くはまだまだ幸せな毎日を過ごさせてもらっている。

フェイスブックでは世界で今起きている悲惨な現状を知ることができ数々の政治問題に対する呼び掛けを目にしたり絵画や写真など素敵なアートも楽しめる。
そうかと思えば楽しかったり幸せな光景などの幸せ発表会というか幸せ合戦に感じることもある。

フェイスブックでは、こうしてありとあらゆる情報を見たり得ることもできるし不意に目にしたり。

これは楽しくもあるが時に刺激も強いし滅入ることもあり日々考えさせられるのだ。
そしてフェイスブックは学ぶ事も多いい。

自分はブログを中心にフェイスブックとかかわってはいるが、常に思うのは楽しい人の陰には楽しくない人がいる。
幸せな人の陰には幸せでない人がいる。
笑っている人の陰では泣いている人がいる。
上手くいっている人の陰では上手くいっていない人がいる。
そして心傷ついている人もいる。

そんなことを思ってしまうから自分は楽しかったことや幸せだったことをブログに書いたりもするが、いつでもそうする気にはなれないでいる。

自分は幸運にしていまだにライブハウスには多く出演できている幸せな身の上ではあるが、音楽を含め様々なアーティストの世界では実力がありながらいろいろな理由でなかなかライブハウスに出られなかったり商売上手な人の影で引いてしまう人もいたり他人の容赦ない自己宣伝を見て引いてしまう人もいたり。

今回、自分は楽しい猫の写真を嬉しい気持ちでアップ。
その直後に子供の視線から見た戦争の映像を見て涙して考えさせられる。

知ること感じることは臭いものに蓋をしないことは時に難しくもあるが、人が忘れてはならない大切なことだと思う。

フェイスブックなどでの沢山の人のあらゆる種類の素直な表現はかけがえのないことだと思うが、僕らはこれでよいのだろうか?と日々思わずにはいられない。

|

« ノラ訪問 | トップページ | 小谷さんという先輩ジャズピアニストと初めて共演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノラ訪問 | トップページ | 小谷さんという先輩ジャズピアニストと初めて共演 »