« あーっ、藤村さん | トップページ | やはり夜中はやる気全開 »

2014年3月12日 (水)

想像しかできないけど想像して愕然としました

東日本大震災から3年。

約1万8千人の方が亡くなられたりいまだに行方不明だったり。

ここ1週間は特に3年前のことを意識しながら震災関係のテレビや新聞記事もいつも以上に見ていました。

そんなさ中、東京大空襲に関する番組が目にとまりまったのです。

東京大空襲による死者は10万人にもなったそうです。

その年はかつてないくらい悲惨で異常な年だった。
「終戦の年とはそうだったんだ!」

あらためて驚いたので昭和45年という終戦の年を想像しました。
戦争体験はないのでとても想像しきれませんがその年には東京のみならず日本の各都市に空襲がありしかも広島と長崎に原爆が投下されました。

そして中国大陸からの日本人避難民をはじめ南太平洋の各島や沖縄など戦地で亡くなった方を含めるとその年だけで亡くなった方は何十万人だったわけです。

そこらへんの事はある程度知ってはいましたがあらためて愕然としました。

決して忘れないという気持ち。
風化させないという気持ち。
復興という気持ち。

私の両親の経験した終戦。
当時の日本人のいろいろな思いと総意はどんなにか強かったのではないかと思います。

そしてその後の日本がある。

そして3年前の東日本大震災。

あらためて考えさせられる昨日今日です。

|

« あーっ、藤村さん | トップページ | やはり夜中はやる気全開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あーっ、藤村さん | トップページ | やはり夜中はやる気全開 »