« 夜中の四人部屋 | トップページ | 四人部屋 »

2013年9月29日 (日)

私の心臓カテーテル手術

手術は七時間くらいかかり予想よりはるかに長引いたものだった。

私の不整脈は三種類あって二度にわけてやるとも言われていた手術を私が若いから一度でいけると判断したのとついでにそれ以外の不整脈もこの際全部退治してしまえということで時間がかかったのだ。

しかし途中で麻酔の効き目が弱まってきてからは
恐ろしく痛かった。

これは不整脈の原因となっている血管を熱照射する時の痛みで熱く痛く苦しいという感じて今まで経験したことのないほどの苦痛だった。

一度に20秒くらいの熱照射を何回もくり返すのだが、もしこれが30秒なら明らかに気絶していた。

何度か「痛すぎる!参った!もうヤバイ!」などと声をだして訴えていたが、その都度「すみませんがもう少し我慢してください」と言われて耐えるしかなかった。

痲酔は治療上の理由があって追加しなかったそうだ。

息も絶え絶えになり苦しいから大きい呼吸をしようとすると「今大切な作業をしていますからゆっくり静かに呼吸してください」と言われてしまい
ホトホト参った。

思い出すと途中の数時間は痲酔で意識がなかったが最後の数時間?は意識がハッキリしていて痛みも感じていて厳しかった。

ようやく手術が終わるとあお向けで寝ている私の上で若い医者?か看護師?が四人ほど器具を外したり後片付けをし出した。
手術の緊張から開放されたせいか彼らは学生同志のような気楽な会話をしている。

まるで下に寝ている私がただの物体であるかのようだ。
聞いていて「おいおい、こっちは長い手術でしかも痛みにこらえてホトホト参っているのに君達お気楽すぎじゃないの?」と思ったが、彼らのたわいもない楽しげな会話を聞いているうちに「やっと手術が終わったんだ」とホッとした気分になっていた。

|

« 夜中の四人部屋 | トップページ | 四人部屋 »

コメント

おお、お疲れさまでした。
途中で麻酔が切れるなんてことがあるんだね。
なんとも大変な手術だったよね。
 これから少し安静入院かな?

そうそう、病院では人格はないね。
加藤の言う通り
「物体」なんだと割り切れば居心地いいとおもうよ。

じゃあ、また会えるのを楽しみにしてます。
 お大事にねっ!!!   うめ。

投稿: エアジン・うめもと | 2013年9月30日 (月) 00時53分

加藤さん、大変でしたね。お疲れさまでした。いまはゆっくり休んで、なるたけ早く万全な体調に戻りますようお祈りしています。

投稿: シバタ | 2013年9月30日 (月) 00時16分

どうぞお大事に

投稿: マツノ | 2013年9月29日 (日) 21時58分

大変でしたね。
しかしながら手術が無事終わったとのこと、私達夫婦も安堵しました。
どうぞお大事になさってください。
こんなことを書くには気が早いかも知れませんが
Cafe FLYING TEAPOTでお会いできる日を楽しみにしております。
加藤さんの絵のファンより

投稿: 高田みきネコ | 2013年9月29日 (日) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜中の四人部屋 | トップページ | 四人部屋 »