« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

四人部屋

一人一人がカーテンでしっかりと隔離された四人部屋。

同じ部屋の人とは顔を合わせるわけでもなく、したがってわざわざ挨拶をしなくても毎日が過ぎていく。
それに部屋の外ですれ違ったとしても誰が同じ部屋なのかはなかなかわからない。

それでも声だけは聞こえてくるのだ。
隣の人、向かいの人、はす向かいの人。

いつしか聞こえてくる声から人を感じ声から人の人間性や人生を想像していた。

声という音。
音階のない音とバイブレーションだけの世界は自分の好きなインプロにも通じる。

最初の部屋は高齢の人が 多かったが翌日からは比較的近い世代だった。

看護師さんが来ると立派な大人として生きてきた人であるかのような声が聞こえ家族が来ると和んだ社会人ではない家庭人としての声が聞こえてくる。

そうかと思えば存在感のある強い声の人。
なんか自己主張が強そうでこの後に及んで見えない同室の他人と張り合っていそうだ。

かすれた声で薬の質問を何度もする声。
他人とは関わりたくなさそうだ。

何日間か同室の人の声を聞いているとその人の今と人生をどうしても感じてしまう。

もしかしたら心のどこかでこうなった自分を情けなく思っているかもしれない。
人より早く自分だけが何故?
悔いているかもしれない?恥じているかもしれない?

一生懸命生きてきたり前を向いて生きてきてプライドがあり見栄もあり虚栄心だってあるかもしれない?
たくさんの人と張り合ってきたかもしれない。

声から感じる優しさから傲慢さ。

四人部屋で一人寂しく隔離されてベットの上にいる自分を他人ごときに見られたくないかもしれない?

明日はいつのまにか退院日。

やることもないので同じ階にあるティールームに行ってみたら向かいの人らしき人に遭遇したので思わず自分から初めて挨拶をしてみた。

お互いにつかえていたものがはずれたような楽な気分にすぐなっていた。

優しい笑顔がすぐさま帰ってきていつしか会話がはずんでいた。

ホントはみな寂しい。
ホントはみな優しい。
ホントはみな楽でいたい。

脱ぎ捨てて得る宝!

シューミーの歌う皇帝(別名は裸の王様でオリジナルバージョン)のシューミーの歌詞を思い出した。

誰彼となく無邪気に人の心の中に入って安心させてしまうベースの是安のことを思い出すと私なんぞはまだまだ足元にも及ばない。

だから58才の自分はまだまだ。

脱ぎ捨てて表れていたのは是安の場合は無邪気さと優しさと誠実さだった気がする。
うーん大した奴だった。

脱ぎ捨ててワガママだったり傲慢だったりしなければいいが。

それでも世間ではまだまだアーティストだからと言ってワガママで自己中でも許されたり。

できることならより優しくありたい。

| | コメント (1)

2013年9月29日 (日)

私の心臓カテーテル手術

手術は七時間くらいかかり予想よりはるかに長引いたものだった。

私の不整脈は三種類あって二度にわけてやるとも言われていた手術を私が若いから一度でいけると判断したのとついでにそれ以外の不整脈もこの際全部退治してしまえということで時間がかかったのだ。

しかし途中で麻酔の効き目が弱まってきてからは
恐ろしく痛かった。

これは不整脈の原因となっている血管を熱照射する時の痛みで熱く痛く苦しいという感じて今まで経験したことのないほどの苦痛だった。

一度に20秒くらいの熱照射を何回もくり返すのだが、もしこれが30秒なら明らかに気絶していた。

何度か「痛すぎる!参った!もうヤバイ!」などと声をだして訴えていたが、その都度「すみませんがもう少し我慢してください」と言われて耐えるしかなかった。

痲酔は治療上の理由があって追加しなかったそうだ。

息も絶え絶えになり苦しいから大きい呼吸をしようとすると「今大切な作業をしていますからゆっくり静かに呼吸してください」と言われてしまい
ホトホト参った。

思い出すと途中の数時間は痲酔で意識がなかったが最後の数時間?は意識がハッキリしていて痛みも感じていて厳しかった。

ようやく手術が終わるとあお向けで寝ている私の上で若い医者?か看護師?が四人ほど器具を外したり後片付けをし出した。
手術の緊張から開放されたせいか彼らは学生同志のような気楽な会話をしている。

まるで下に寝ている私がただの物体であるかのようだ。
聞いていて「おいおい、こっちは長い手術でしかも痛みにこらえてホトホト参っているのに君達お気楽すぎじゃないの?」と思ったが、彼らのたわいもない楽しげな会話を聞いているうちに「やっと手術が終わったんだ」とホッとした気分になっていた。

| | コメント (4)

2013年9月25日 (水)

夜中の四人部屋

病室は四人部屋で私以外はどうやらかなり年輩の方のようだ。

夜中に一人の方が独り言?のように話はじめた。

「おーい、誰かいないのか?いたら返事してくれ」。

何度も何度も言っているからさすがに起きていた私は「いますよ、大丈夫ですか?」と声をかけてみたがどうも反応がない。

後の人は寝てるかシカトなのか?

その人が何度も独り言のように語りかけたり喋っているとついに隣の人が「夜中にうるさいゾッ!」と怒りをあらわにして怒鳴った。

しばらくしてまた「誰かいませんか?」の独り言が始まると隣の人はついにブザーを押して夜勤の看護婦さんを呼びつける。
「おいっ、夜中なんだから静かにさせろっ!」。

うっ、初日から物騒な。

その人をなだめている看護婦さんとの会話からするとその方は明日か明後日に手術らしい。

う〜ん、一人一人の人生を感じる!

寂しいのかな?
につまっていて甘える相手もいなくてつまらないのかな?

晩飯時は奥さんらしき人が来ていてその人には素直に話していた。

夜中なのにじわっと感じて考えさせられる四人部屋初日だ。

| | コメント (0)

じたばた雑感

病院の正面玄関を入ると縦が10メートルくらいはあろうかと思える巨大な全身像の人物画が目に入る。

見ると一人がピポクラテスでもう一人がナイチンゲール。

絵の上にはラブアンドケアフォーオールという字があり訪問した人に安らぎを与えているようで二人の人物画が神様のように見えてくる。

なぜかわからないが自分にはその神様のように見える絵が「天国はよいところで死ぬのは恐くないから安心しなされ」。もしくは「ここに来たら安心して死んでくだされ大丈夫ですから」と言われているようでなんだか気持ちが楽になるような不思議な気分にかられる。

今日明日は手術もないので大病院の中を散歩したり売店に行ったりドトールでコーヒーをなどと思っていたが、甘かった!

病室に入室直後から点滴。
手術後まで器具もつけたままで病室の階以外は何処にも行けないことが判明。

しかし嬉しい想定外もあるもんで担当の看護婦さんはとっても可愛らしかったのだ。
何人かの人からは「きっと看護婦さんが可愛くて楽しい入院生活ですよ」などと言われてもいたが、これは自分の予想をはるかに越えていた。

ドヒヤハ!

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

なわけでつれづれ雑記

今日から入院なので前の日の晩は帰りにロウソンでちゃんとしたビールを買ってきて年内最後のビールナイト。

コレヤス悪いなっ、マイ心臓には悪いけど薬飲んでるせいでビール飲んでもそうひどくはならないしまだアル中でもないしビール飲んじゃうからさ。

でも演奏前のタバコもビールもやらなくなったから許してちょっかい。

昨日は国分寺でコレヤス追悼夢デュオ。
弾いていてまたほんの少しコレヤスのタイム感や歌い口が見えたようなわかったような気がした。

人生、よき出会いにはつくづく感謝だっ。

数日前の桜座はタンゴ初夜。

演奏前のリハではなすすべがなく帰ろうかと思ったくらいだったけど皆のおかげで楽しく終われてホッ!

ミユキタンゴのミユキさん、なかなか気合いの入った涙もろい素敵な人だった。
リマやビアノの山口も好きなタンゴを題材に新しい景色を見ようとしてチャレンジしていて好感度アップ。
一人でタンゴに挑んでいるギターの鈴木イチロウにも助けられたしサヤカさんのタンゴダンスもようやく見れて感激した。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

新しいニュース!

ヤバッ!
今月の20日は甲府桜座でタンゴを弾かされる。

タンゴは高柳さんのお弟子さんにお任せ。
そのつもりで長年タンゴには背を向けてきたのに遂に弾くはめに。
でも私はタンゴほとんど知らないのです。

ナッテルのリマ店長の術中にまんまとはまってしまいました。

さてっ!
来月は藤掛のフルデザインレーベルから「トリオねじ+林栄一(AS)」というCDが発売になります。

私は相変わらず崖から飛び降りる気持ちで博打かましてます。
そして皆さん好きにかっ飛ばしてます。

私は一瞬高校時代のロック少年のモードに!

うるさ系、お騒がせ系の好きな方はぜひどうぞ。

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

キッドチャールズチャップリン

仕事に行く前にボケッとテレビ。

BSをつけたらチャップリンの映画だった。

うーん面白い!
まさに笑いのアートだっ!
なにもアートという言葉じゃなくてもいいが感動して涙した!

ハートに最高っ!

今の時代、再びチャップリンだっ!

みなさん
ぜひハートに栄養を。

今日は4時入りだけど遅刻。

スイマセン!

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

無責任なことは言えないが、同級生の安倍総理には言いたい!

昨日、よく知ってる仲間から自分の娘が甲状腺に異常をきたし今年の夏は鼻血を連発し皮膚炎にもなっているから典型的な被爆と考えられる症状だということを知らされました。

そして娘さんの事を心から心配しているのです。

被爆症状に関しては戦前の広島での被爆以降でいまだに政府はそれが被爆症状だとは認めていないことを知りました。

実はここ2年であきらかに痛んでしまった私の肺や心臓も被爆と関係があるのではないかという意見を数回耳にしています。

はっきりした確証などないので自分からは今の症状が被爆とは言いませんがこのようなことを聞くと気分は他人事ではありません。

オリンピックで浮かれるなかれ、新しい国立競技場を作るだってかいな?

上等やないか!

だが日本の後片付けはまだ終わっていない!

オリンピックで今というキャンバスを塗りたくらないでくれっ!

だから同級生の安倍総理よっ、その前にまだやることが山ほどあるぞっ!

| | コメント (2)

2013年9月10日 (火)

オチョコ(ボイス)さんとのCD「アワイ」が発売になりました!

オチョコ(ボイス)さんとのCD「アワイ」が発売になりました!
若い頃に掲げた音楽的な目標をひととおり達成したなと思ったら心臓の手術をすることにもなり、なんだか今年は自分にとって人生の節目かな?と感じながらも新しい展開がすでに始まっている。

音の記録は出会いと夢の記録であり時を生きた記念であり生きた証しだ。

ありがたい事です!

| | コメント (2)

2013年9月 8日 (日)

9月のピグノーズのインプロセッション

毎月中野のピグノーズで第二週と第四週にやっているインプロセッションについて。

9月はいつもの月と逆で第二週のセッションリーダーが加藤崇之、第四週のセッションリーダーが宅シューミー朱美になります。

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

最近

今週はエコー検査やCTスキャンやら手術前のより詳しい検査で病院通い。

それにしても胃カメラはウゲッ!
もう二度と喉を通したくない。

夜のライヴではガッツリ取り組めるインプロが続いて指が喜び笑う日々。

自由をたくさん感じてクリエイティブな感覚が自分の中で拡がってくると心が開放され心が笑い心が喜び心が燃えてきます。

するとギターを弾く指が開放感に満たされて笑いだし喜びだし燃えてくる。そうなると心から喜んでギターが弾きたくなりいくらでもやれそうな気分になるのです。

それにしてもオリンピック招致は考えさせられる。

やはり福島原発と汚染のことを世界がどう見て感じているかをしっかりと認識して甘く考えてはいけないのではないかと思いました。

招致活動をするオリンピックの日本人メダリストが頑張っている姿を見ていると、今回はかえって軽薄に見えてくるのは僕だけだろうか?

昨日のテレビではイギリスの記者が日本のオリンピック招致委員会の福島原発問題に関する認識の甘さを指摘していましたが私もそう感じました。

温暖化による天候の変化で今まで以上のゲリラ豪雨や竜巻が毎年当たり前になってしまうのか?

日々雑感、インプロで指は喜び笑えても気分はいろいろ複雑!

| | コメント (2)

2013年9月 3日 (火)

ヒアアフターという映画を見た

ライヴから帰ってきてなにげなく見てみたら、この映画は死後の世界に関わる素敵な映画でこの手の映画にはすぐ感じてしまいます。

自分は二十代の後半にエホバの証人の人たちとキリスト教の勉強を2年半していました。
いよいよ洗礼を受けて奉仕活動もしませんかという頃にイマイチ疑問がまだあってこの教えに対して信仰心を持つ自信がなくエホバの証人になるのは辞めました。

しかし辞めても2年半にもおよぶ勉強会で身についたマインドコントロールが半分くらいつきまとっていました。

辞めたということは死後に天国に行き永遠の命を授かる資格を失ないます。辞めた人はサタンの側で、これは永遠の滅びを意味します。

これは絶望感や脅迫感が起きてもう自分の人生はダメで終わりだと思ってしまうくらいかなり辛いもので、この苦悩は長い年月をかけて自分の内側で解決し克復してゆくしかありませんでした。

自分が新たに立ち上がれるための答をさがす心の旅が始まったのです。

そんなある日、ライヴハウスでファンの人から与えられたシャーリーマクレーンの「アウトオンアリム」という本を読みました。

この本がきっかけで精神世界へ導かれ意味のある出会いが起きるようになりました。

生徒からは桐山密教をすすめられたりヨガを教わったり瞑想もしたり。

そして2百冊ほどの精神世界、超能力物、宇宙人関係、宗教関係の本を読むうちに本を読んだだけで危ない団体も見分けがつくほど理解が深まり遂に結論が出たのです。

私達の魂は輪廻転生を繰り返していて死後の世界はあると!

自分の場合はこの結論にたどり着いてようやくマインドコントロールのじゅうばくから開放されてゆき心の中での再スタートが始まりました。

映画を見たら若い頃のことを思い出しました。

だからこのような映画を見るととても素敵に思えて感じてしまいます。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »