« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

長い1日

昨日は昼から活動開始。

まずは昼の1時に来月の1日に日暮里ポルトで共演するギターの前原君が私の家にリハーサルをしに。
自分はまずリハーサルはしないタイプだけど彼の一生懸命で純粋な姿勢に納得。
いろんな曲をやらされそうだけど、俺できるかなっ?

夜は横浜のストーミーマンデイで大好きなドラムの湊君とこれまた大好きなベースの佐藤研二君との初トリオでインプロ。

俺は最近心臓がきついけど湊のヘルニアは痛そうで心配だ!

佐藤君とは一度共演して以来またいつかやりたいなと思っていたから嬉しかった。
なんと昨日の佐藤君はエレベだと思ってたらチェロだった。
チェロも弾くんだ!
驚いた。

演奏が終わってからのアフタータイムは近くのファーラウトというジャズクラブの一階の壁と机に絵を描いた。
一階は音楽学校を新設したので壁や机などに絵を描いてくれということだった。
俺なんかの絵でいいのかいな?と思いながらもデタラメな絵を描く。

昨日はすんなり描いてすぐ終わったけど、いやはや長い1日でした。

もうウヒヤハ!

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

尖閣諸島や竹島問題は複雑な気持ちにさせられる

正直に言うと、地図を見ただけの印象では竹島は韓国、尖閣諸島は中国だと感じる。
同じ観点で言えば北海道の国後島などはどう考えても日本だと感じる。

でもどうにもならないという有り様。
人類の歴史は愚かな愚行を繰返している。

人類史は他の国や他の人種を蹂躙するという愚行の繰返し。
その繰返しが悲しみだけでなく遺伝子に記憶されるぐらいの恨みつらみ、怨みという心を長い年月にわたりたくさん植え付けている。

日本はここ500年間ならば少なくとも韓国より日本の方が北朝鮮や韓国の人を悲しませているはずだし国土を蹂躙している。
ここ100年間なら中国より日本の方が中国人を悲しませて国土を制圧下において蹂躙している。

悲しみの記憶、恨み怨みつらみは日本人が想像する以上なはずだ!

だから尖閣諸島や竹島問題は悲しい歴史の産物として辛いし考えさせられる。

僕たち人間が誘拐されて動物園に連れてこられて素っ裸にさせられて檻に入れられてそれを見に来た大勢のお猿さんや動物達に笑われたら。

猿山が人間山でお猿さんに上からエサを与えられたら。

見に来たお猿にオシッコやウンコしてるのを見られ放題だったら。

動物たちの屈辱的な悲しみや真の辛さがわかるかもしれない。

お爺さんゾウではなくお爺さん人間やお婆さん人間が素っ裸で檻に入れらてなすすべもなく、それを見に来たお猿さんが喜んでいたら。

動植物、魚類、昆虫類などより、やはり人類が地球上で一番遅れていて一番愚かだと、よく思うことがある!

人類が両生類の中で一番進化しているなどという思い込みは人間の得意な、いや特異な勘違いの極み。

夏ボケ独り言なり。

| | コメント (0)

妄想、空想、迷想、夢想、瞑想などは人間に与えられた有限なる人生における無限の世界だっ!

その無限に対してとりあえず宇宙から選択の自由が与えられてもいるような気がするが、迷走しているうちに入り込んでしまう魔界という落とし穴も開いている。

想念とはいかに無限なるものか。

音より光より速いのは想念であり思いでありテレパシーだと直感する。

その源は心であり魂ではないのかと想像する。

夏ボケにより20年前のヨガや瞑想をしていた頃の自分が夜中の一時よみがえった。

これでよいのら。

| | コメント (0)

いい天気。残暑が痛い〜

笑うしかないくらい毎日いい天気。

残暑が皮膚に痛い!
セミノイズが頼もしい!

散歩の後はトコロテンとかき氷のお風呂に飛び込みたい。

仲のいいカナブンを1万匹くらい従えてカナブンにぶらさがって空を飛ぶのだ!
空で外敵があらわれたら護衛に頼んだクワガタ戦闘隊とカブトムシ戦闘隊に退治してもらうのだ!

昼飯のイカ素麺が美味い!
イカウグッ!

大王イカを潜水艇にやとって深海を旅するのだ!

途中でシロナガスクジラに乗り替えて長旅だ!

最後は海ガメに乗せてもらってどこかに上陸。

でも最後のはずがたくさんのコンドルが待っていたのでコンドルにぶるさがっていたらアンデス山脈にたどりついたのだ!

そこで迎えてくれたスバル星人のUFOに乗り替えて銀河の旅に行くのだ。

浦島太郎こんにちは!

ヤッホー浦島加藤!

では皆さんサヨウナラ。

これでよいのだ!

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

去年9月に亡くなった是安則克の追悼アルバム。

今年の春に出たシューミーバンドによる追悼作品は彼の最後の演奏と映像を記録したもので甲府桜座でのライブだった。

9月には新たに是安の追悼作品が何種類か発売される。

1つは是安の叔父さんが頑張って作ったもので、是安が長年親しかった何人かのミュージシャンとの演奏を一枚のCDにまとめたもの。

もう1つは私の1997年当時のギタートリオ。

そしてサックスのミドリトモヒデも追悼作品を発表するみたいだ。

9月23日は是安の一周忌だが、それに間に合わせて続々と追悼作品が出る。

同世代であり最も多く一緒に演奏してきた是安がいないのは自分の音楽人生にとって痛く残念であり時に寂しいが、こうして彼の演奏記録が追悼作品として発表されるのは心から嬉しい。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

絵モード打ち止め!

1ヶ月続いた絵モードはそろそろ打ち止め。

また明け方コースが続いて心臓が弱くなってきた。

秋の個展に向けて20枚以上描いたからここらへんでストップをかけないと体がもたない。

9月10月は忙しいが夜中はギターモードだけに。

| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

暑い夏

昔は夏といえば俺の季節で自分は夏の申し子だ!などと感じるくらい夏が好きだった。

だから5月くらいになると待ちきれなくなった夏感覚がウズウズもたげてきて海にくり出す。

いち早く日焼けして夏になる頃には他の人より黒い自分がちょっぴり誇らしくて嬉しかったり。

それが今では夏に海に行きたいという感覚がまるで起きない。

夏が過ぎ去るのをただただ耐え忍ぶというありさまだ。

炎天下に外を歩く時はつい日影を探して歩いたり熱中症の事が思い浮かんだり。

年齢には勝てる事もあるが勝てない事もある。

これでよいのだっ!

| | コメント (0)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

夏バテ万歳!

夏は夏バテに身を任せて自らサボることにしているつもりだが、なかなかどうしたものか。

今日はホットが中止になったので予定外のオフ到来。

来月と再来月が殺人的スケジュールになってしまったので8月の夏バテ期間中のオフはありがたい。

がしかし、絵モード!

せっかくおとずれた絵モード、今のうちに絵を描いて秋は忙しさに身を任して流されるしかない。

なわけでオフは休んでいるようないないような。

イヤハヤ、これでいいのだっ!

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

新作

新作

| | コメント (0)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

新作

新作

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

最新作

最新作

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

最新作

最新作
また秋の個展に向けてゆっくりではあるが絵を描き始めた。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »