« あらためて思う! | トップページ | 演奏前に一人ビール »

2012年7月13日 (金)

フェイスブックを見ていて思いにふける

いろんな人がいろんな関わり方をしていて凄いなあと思う。

発信している中ではやはり原発の事は気になります。

震災から一年以上たって今頑張って発信している人達は偉いと思う。

平和ってなんなんですかねっ?
それは平和なのではなくなんとなくという平和感とも言えそうです。

真実を伏せる、隠す、公表を遅らす中での平和ってなんなんですかね?

何事も国が隠すことなく公表していたら、国民が不安になるからとか、パニックを起こすとか、国民を敵にまわしかねないとか、マツリゴトがたち行かなくなり自分たちの立場や利害関係が危うくなるからですかねえ?

世界もだけど日本の政府というのはなんだか身動きがとれなそうですね。

過激な言い方をするならば、ならそんな政府は壊せ!そんな世界は変えよう!ですね。

外国を見渡せばひた隠しに隠して国民をだまし続けていた国も少なくはないですねっ。

国民が何も知らされないままというのは歴史を見ていても世界中で多い気がします。

民主主義の国だからといってなんでもちゃんと国民に事実を公表するのはなんとも難しそうですね。

そんな事をダラダラと考えていたら同じくフェイスブックを見ていて今NHKでやっている平清盛の事を発信している記事が目にとまりました。

自分は平清盛をとても楽しんで見ているのだけど、今までの源氏中心の時代劇じゃないから逆に新鮮で違う角度から見れて楽しいんです。

もちろんドラマゆえに新たな脚色という面もありますが、違う角度から見て知ったり考えるという事は新たな発見があり見方が広がって別の印象も持てるということです。

歴史って勝てば勝った側がとりあえず正義になってしまうんですよね。

戦争は正義対正義?
変ですおかしいです!

まさに現代までその繰り返し。

恐ろしい発言しちゃうと、鎌倉幕府は源氏が平家に勝ったからこそ正義となりえたし作ることができた。
勝ったという事は殺戮があり、へたすると相手を滅ぼすとこまでいくわけです。

日本が太平洋戦争に勝っていたら、オーム真理教が勝っていたら、その時点では正義が逆転してしまったでしょうね。

正義って民間レベルならまだ美しくていいけど大きくなると別次元の言葉に聞こえてきます。
どうも正義とは権力や力を持ってしまうらしい。

つまり今、世界で一番強い力のある正義が多くの国をマインドコントロールしたり支配をしていると言えなくはないのです。

そしてそこには宗教もからんできます。

正義とは、平和とは、これまた奥が深いなあ。


|

« あらためて思う! | トップページ | 演奏前に一人ビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらためて思う! | トップページ | 演奏前に一人ビール »