« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月24日 (土)

3日間バッハを弾いていた。

生徒から突然渡されたのはバッハの無伴奏チェロ組曲の譜面。
全6曲で100ページをこえる。
編曲は小舟幸次郎。
かなり古い本だ。

若い頃に弾きたくて手に入れた譜面だとのこと。

なんだかお導きに感じたので3日間弾きつめてやっと最後のページを弾き終えた。

クラッシックを人前で弾くつもりはないが、楽しいのでまた最初のページから弾いてみたい。

| | コメント (2)

2012年3月23日 (金)

いやあ まいった!

いやあ まいった!
孫は可愛いと聞いていたがこれほどとは思わなんだ。

月に一度
孫に会うがもうメロメロデレデレ。

孫のためにも長生きをしてギター弾き続けてできるだけ成長を見届けたいと思う一方、逆にヒーヒーなライブ人生もそろそろ隠居して絵を描く人生もいいか、などとも思ったり。

もうメロメロヤバし。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

今月は断捨離と是安モード!

断捨離というわけで毎日少しだけ整理する日々を続けている。

そして暇さえあれば是安と昔ちゃんと録音した音源を聴きまくりの日々!

CDにしてもいい音源を当事は自分に厳しすぎたのでやめてしまったが今なんとかしたいという思いがある。


| | コメント (0)

新たな絵

新たな絵
新たな絵

| | コメント (0)

あれから一年

最初に思ったのと同じ気持ちです!

自分に出来る事をトライベスト!

せめて一所懸命生きる!
せえいっぱい生きる!

出来うるならよきエネルギーとバイブレーションを発したい!

とは言え人はいつも完璧に思い続けて頑張るなんてーのは無理なわけで、そうなるとできる範囲、できるうる限りとなりましょうか。

せめて前を向く未来に向かう心のエネルギーだけは発していたいと思います。

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

ドラムの大沼志朗と三連チャン

三日間とも飽きることなく自分のできる事を自由にくったくなくやりまくった。

ドラムの大沼とは同じ年のせいかどこか通じあうものがある。

彼とは20年前に出会って以来何かと共演。

音楽人生やフリーの表現に違いがあったとしても同じ世代のエネルギー感覚や心意気は共感もするしわかるのだ。

最近は客がいてもいなくても演奏を始めれば夢中になりトライベスト体質。

演奏という俺達プレイヤーにとって一番大切な時間と行為だけは無駄に過ごしたくない。

| | コメント (0)

偶然バッタリ遭遇

ライブの帰り、渋谷駅でトランペットの高瀬君とバッタリ。

帰りがたまたま同じ方向だったので音楽談義に花が咲く。

高瀬君とはいつも一緒に演奏しているわけでもなく年に一度の寺下合宿で一緒になる縁だけど、こんな出会い方をするのは自分にとってはきわめて嬉しい。

翌日は西荻のライブハウスに高校の時一年後輩だったフルートの坂井君が現れる。

彼と会うのは四十年ぶりくらい。
彼は当事からフリージャズを感じさせるフルート奏者だった。
今は国立音大を卒業してフルートの先生をしているとのこと。
やはり音楽談義に花が咲く。

坂井君は素敵なナイスミドルになっていた。

想定外のバッタリ遭遇が好き!

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

是安との音源

ベースの是安と昔やった音源が彼のお兄さんから送られてきた。
是安の追悼アルバムを独自に作るとのことだった。
いろんなミュージシャンの録音を集めてその音源の中から一曲選んでくれとのこと。
送られてきた音源を聴いて身が引き締まり涙がこみあげた。

1997年のライブ録音。
俺達超ストイック超ピュア!
驚いた。

その頃はどんなにいい演奏をしても一部のミュージシャンやリスナーにしか評価されないし真面目に演奏すればするほど客は引いちゃうしフリーシーンからも取り上げられない日々。
世の中は冗談や遊びのある面白い演奏が増えて行く中で孤軍奮闘だった。

でも負けじと赤字に近いライブを繰り返していた。
今だってライブを繰り返してるのは同じだけど、こんな純粋で優しくて嘘のない一小節の隅々を極めようとした真剣なベーシストがいたのだという事を自分も独自に追悼アルバムとして出したいと思った!

馬鹿な俺に真剣に向き合ってくれた是安、心からありがとう!

まったく〜か泣けてくるぜ!

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »