« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ライブの帰り

地震以来
ライブはほとんど電車通勤にしていた。

電車に乗っている人の顔つきやそぶりを見ていてそろそろイラついていたり荒れてきはじめた人が現れてきたような気がした。

しばらくは直接被害にあわれた大変な被災者のこともあって、みんなが忍耐を思い優しい気持ちにもなっていたりしてどことなく優しい顔をしていたのに少し残念。

地震や原発の影響で多くの会社も立ち行かず先行き不透明になるだろうし未来のある若い世代だって先の事を考えれば自分がノー天気にでもならないかぎりいっそう諦めたくなるような気分にもなるだろうし不安にもなると思う。

けど、今はこんな状況でももうひとふんばりできるものならしなくてはと思う。

そしてまだまだ優しい気持ちを持ち続けられたらと思う。

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

わかった!

ギターは弾こうとするからいろいろ問題が起きるのだ!

ギターはこすればよいのだ!

こすれば気持ちいいだけだからなんの問題も起きないのだ!

皆様
コンビニに行ってお釣りをもらった時は置いてある義援金の貯金箱に入れましょう!

これなら非力な一人にでもできます。

チリも積もれば山となるを信じて!

| | コメント (1)

2011年3月22日 (火)

22日のピグノ−ズにおけるインプロジャムセッションについて

参加する方へ。

ジャムセッションはやります!

ただし
地震後はできるだけ車でライブハウスに行くことをやめて電車で行っています。
地震以来ガソリンの購入が大変なのと今は東北地方にガソリンが供給されることを願い国に協力したいという思いから節制をしています。

電車にてピグノーズに向かいますが私は西国分寺駅に夜12時までにたどり着かないと帰れないため、当日は開始を早めて終了時間はいつもより早くして遅くとも終わるのは夜11時となります。

申し訳ありませんがご了承ください。

| | コメント (1)

2011年3月21日 (月)

さてっ、明日は中野ピグノーズにてインプロジャムセッション!

地震直後は東北地方の惨状を目の当たりにしてショックを受けたし動揺した。

正直言ってギターを弾く気にもならなかったし音楽を聴く気にもならなかった。

僕らの反応も各々足並みが乱れた。

すぐさまメールやツイッタ−で語り始める者。
政府の動向に疑心暗鬼になり、多いとはいえ限られた情報のもと不安な憶測を語る者。
情報収集に走る者。
はやる気持ちにすぐさま動き出す者や落ち着いて把握しながら静観する者。
僕らの心の当然ながら足並みは乱れた。

この事態に対して気軽に語る気持ちにならなかったし原発などハッキリした知識もなくて無知なる想像や憶測で語る気にはなれなかったのでblogは少し控えたが一週間以上たって人々の心も落ち着いてきた感がある。

さてっ!
たくさん涙し辛い気持ちになったとしても暗い顔はしていられない。

せめて直接被害にあってはいない僕らは前に向かうエネルギーを発信したい。

各々ができる事を少しでもやればいいと思う。

非力なミュージシャンにも出番はきたと感じている。

今からです!
元気で行こうぜ!

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

日本はこれからしばらく より大変な事態になると思う。

この惨状をボクシングに例えるならば、まずいきなり強力なストレートやフックなどのメガトンパンチを数発もらってしまった。

その直後に立ち直ろうとしてもジャブやボディーブロウを新たに浴びせられると思う。

海外の国からしたら小さな日本で原発が危ないというニュースを集中的に見るわけで、印象としては地震も含め日本全土が危険でヤバイというイメージはこれからいっそう強いはず。

観光地として日本に訪れる外国の人は激減。
放射能に汚染されたというイメージが強い日本の食品はしばらく輸出できなくなる可能性だってある。

こんな流れも起きる可能性大だからボディーブロウとして効いてくるのは目に見えている。

今はまだ忍耐強く協調性のある日本人でも、しばらくすれば多くの方が過労や精神的にも追い詰められておかしな事も起こりうる可能性がある。

これからしばらくは思った以上にフンドシを締めてかからないといけないはずだ。

僕は非力な一人のギタリスト。
これから自分らの生活維持さえ以前より考えなくてはならない中でいったい何ができるのか?

実際に悲惨な目にあった人々が大勢いる現状を考えると、微力ながら一個人として何ができるか?

自国の歴史的惨事に対して日々目まぐるしく思い巡る気持ちと感情や気分の中で冷静に考えてみたい気がする。

まずは節電節約そして気持ちとしての寄付。

| | コメント (1)

2011年3月14日 (月)

今何ができるか

歴史的な国難である。

まず僕らにできる事は国に協力して節電に節約。

これは間接的にではあるが1番辛い立場にある人たちを援助する事につながると考える。

買い占めはよくない。

今、早急に物資や食料を必要としている人たちがいるからだ。

そして寄付。

一個人としては微力な僕らにでもできる事を考えたい。

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

ニュージーランドの地震は心が痛んだ。

今、娘が語学留学で二ヶ月間ロサンゼルスの英語学校に行っている。

バイトして金貯めて思った事をすぐ実現する行動力には感心。

俺にはそんなすぐ実現なんてとても無理だあ。

ニュージーランドでの地震速報のニュースで語学留学の日本人が何人も行方不明と聞いて身が氷ついた。
それも娘と同じような年齢の女の子ばかり。

まさに今娘はアメリカの語学スクールに留学中。

とても他人事ではない。

もし変な奴に出くわしたら。
交通事故にでもあったら。
何らかの事故に巻き込まれたら。
などと思うと心配がつきないから考えないようにしている。

外国に行ってるから二ヶ月は会えないけど何があっても元気で生きていてくれたならそれだけで充分。

娘とはいえ彼女の人生は 彼女の生きていく道で未知だ。

こんな時、親にできる事は無事と幸せを祈り無事と幸せを信じることくらい。

だから見守るしかない。

今回のニュージーランドでの悲報。

御家族の心中を思うと心がひたすら痛む。

| | コメント (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »