« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

デンマークミュージシャンとやって学んだ事

やはりヨーロッパのミュージシャンはアンサンブル感覚に秀でている。

音色を大切にしている。

全体の流れを大切にしている。
音楽や演奏の流れを同時にその場でいろんな角度から見つめる。
時に協調性を大切に
時にたくさん遊び
時に音楽の流れを考えて沈黙する。
自分自身のやり方や思い方、感じ方や好き嫌い、得意不得意、時に身勝手な自己主張はさておいて謙虚な気持ちで振り返れば学ぶ事はたくさんある。

自己主張だけではなく相手を尊重したり受け入れたり譲ったり協調したり。
音楽表現の最中における
人の心の在り方は今さらながら奥が深く一生を通じて成長の余地あり。

だからこそ自分にとって音楽は辞められない。

何歳になっても人はどこか出来損ない。

いまだ出来損ないの自分を少しでも成長させてくれ続けてくれる音楽には感謝するしかない。

| | コメント (0)

2010年11月29日 (月)

何気ない事が嬉しい

先週サムタイムで演奏前にセッティングをしていた時の事である。

前の日に演奏したミュージシャンがまだ置いてあった楽器をとりに。

セッティングの迷惑をかけてすいませんと言ってきたから名前を聞いたら平松さんという女性のバイオリン奏者だった。

名前を聞いたとたん思い出した。

10年以上昔に関西のライブハウスで彼女とは一緒だった瞬間があった。
対バンだったか一緒に演奏したかは忘れたけど平松という名前だけは覚えていた。
その時に今度東京に住むという話しを彼女から聞いた覚えもあった。

かすかな記憶をたよりに話してみると間違いなくその時に一度だけ会った平松さんだった。

なんだか嬉しかった。

ミュージシャンはみんなお互いにいつまでも元気で音楽活動を続けられたらと思う。

彼女とは今度いつ会うかなんてわからない。

知らないところで元気で生きていることが風の便りで伝わってきたり。

それでいいのだ!

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

デンマーク人らとの演奏

またしても新しい発見がたくさんあり学ぶ事多し。
彼らとの演奏はフタを開けてみたらフリーな部分はたくさんあるしインプロ度も多かった。

ちゃんと曲を演奏しながらその中で前もっていろいろ構成を決めておいてやるやり方は自分にとってはけっして得意なやり方ではないし譜面を読む場所もあるから感じるままのインプロモード全開とはいかないが、自分には新しい体験だと思い前向きにトライベストしている。

彼らは演奏中に音楽をとても楽しむし遊びもあるから楽しみながら演奏するフリーを体験しているような感じだ。
彼らはアンサンブルや音色もとても大切にしているし自分が最近思うようになった四割や六割のエネルギーで全開しなくても押したり引いたり協調したりしながら楽しく集中して演奏する在り方をまさに体験している。
また新しい世界を体験しながら学んでいるようで
なんだか楽しい。

ありがたい事です。

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

日々ウヒヤハウヒヤハ

毎年恒例のナッテルハウスで五日間続いた個展ライブも無事に終わり土曜日から日曜日にかけては秩父で行われたサガユキ君のインプロ合宿に参加。
いろんな人と演奏しいろんな人と話した濃い一週間だった。
ありがたやありがたや!

わかってはいたが11月はやはりフル回転。

息つく暇もなく今週はデンマークからやって来たミュージシャンとのライブが続く。
今回も相変わらず譜面が弱いのに譜面地獄。
彼らとリハーサルをしたらけっこう内容はフリーな感じ。
自分の演奏モードがフリーやインプロモードになっていくと譜面や構成を把握する部分の頭の回路が吹っ飛んで危なくなるのだが、なにはともあれトライベストしかない!

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

いよいよ日曜日から個展ライブ

連日いろんなセットが目白押し。

思う事は上手くいこうがいくまいがひたすらトライベスト!

トライベストの積み重ねで今日があり未来があると思うから。

イザッ!

| | コメント (0)

いやはやいやはや

息子の結婚式だった。

父親の私はすぐ酒を飲むと酔っ払って寝てしまうか変になっちゃうので酒は禁止令。

父親だからいろいろ気を使う事ややらなきゃならないこともあり責任重大なのだ。

途中で俺がギターを弾いたら息子が涙ぐんでいるではないか!
ついジーンときてそれからはこっちもずっとウルウル。
まいるなあ。

いよいよ終りの挨拶。
めちゃプレッシャーあったけど意外と平静状態でなんとか喋り終えた。

イヤハヤイヤハヤ。

息子にはできるだけ伸び伸び育ってほしいと思い
息子が小さな頃に一緒にたくさん遊んだ以外は何をしでかしてもたいして怒りもせず見守るだけだったけど、知らないうちにたくさんの仲間もできて会社の先輩にも鍛えられてちゃんと大人になってるもんだわい。

社会人としてはいつのまにやら俺よりはるかにしっかり者だわ。

素敵な嫁さんが現れて一安心じゃ!

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

ライブの日は

ライブの日はいまだに遠足や運動会に行く小学生状態になる事がよくある。

午後3時くらいになるとだんだんソワソワしてきて何も手につかなくなりワクワクウキウキ。
つまりウキワク!

そして時にはドキドキワナワナハラハラ!

で、落ち着かずつい家を早く出てしまう。

いざっ!

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

11月に入ってからのライブ

一日はサムタイムでシューミーボサノバ。

弾き語りのシューミー君は両目の手術を終えて今視力的には想像を絶するくらい大変な状態。
にもかかわらず一緒にやっていると彼女の一途で濁りのないピュアな表現を浴びて全身が気持ち良くなっていた。
なんだか手術をしてにシューミーのピアノの音と歌のキラメキがいっそう際立ってきたようだ。
そこには不思議なくらい自由感があり無駄な力が抜け落ちていくような美しい世界が生まれていた。
それに比べ俺のギターにはまだまだ力みがある。

この日のシューミーボサノバには感服納得!

四日はドラムの磯見のグループで寺下合宿の仲間と久しぶりに自由なジャズや曲の演奏を満喫。

ジャズといってもみんなでいい感じで自由に演奏できている時はかえってフリージャズやインプロの時より自由なままでどんどん次の展開が成立して流れて行き自然と一期一会の世界が生まれたりする。

これは自分も含めてみんなの音楽とマインドの成長とも関係が大きいが、なんだか自分の中でまだまだジャズができそうな気がした。
でも気のせいかな?

となると共演した皆さんに感謝ということでしょう。
たまにはジャズをやってこんな気分になるのも悪くない。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »