« ホットの休憩時間 | トップページ | もうすぐ11月 »

2010年10月25日 (月)

基礎練習は奥が深い

自分が基礎練習として使うのはクラシックギターの技巧書や曲集。

この基礎練習というやつは自分が若い頃には思ってもみなかったメリットがあるから面白い。

技巧書にある新しい音列や練習曲を弾いてみると
今までに使ったことのない運指や音使いに出合う。

つまり想定外に出合うわけだ。
慣れていないし想定外だから最初は違和感を感じることになるし時には苦痛だったり。

人は知らないうちに自分の想定する枠を決めていたり習慣化された癖として固まっていく傾向がある。

基礎練習はつねにこの傾向を打破する意味合いがある。
基礎練習によって左右の指は新しい動きや音を弾いて脳細胞や脳の神経を刺激し続けることになる。

これは右脳や左脳にもいいし。

ギターの技術的進歩のみならず年齢とともに固まっていく傾向にある人の思考感覚や思考パターンをほぐしたりやわらかくする効果もあると思うのだ。

だから基礎練習は感性をつねにみずみずしく保つ効果もあると思う。

これはあくまでも基礎練習を自分から能動的に取り組んだり出会った練習曲などを自分なりに広げたり、そこからヒントを得たり発見が起きて理解が何倍にも膨らんだり気持ち的に集中して取り組むことができた場合であるが。

|

« ホットの休憩時間 | トップページ | もうすぐ11月 »

コメント

がんばりま~~~~す!!!!
(*^ω^*)ノ彡

投稿: 窓拭き | 2010年10月26日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホットの休憩時間 | トップページ | もうすぐ11月 »