« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

ワクワク

今日はポンさんにたのまれたライブのリハ。
そしてまだ知らない新しい人たちとリハーサルだっ!

一緒にやるのは昔から天才人災天災人才!
マルチ奏者のポンさんと十代の頃からファンだったピアノの橋本イチ子さんや歌手の小川美潮さんやその他の方々。

ポンさんは30年前に既に30年先を行っていたような魅力摩訶不可思議脳内構造説明不能人間。
イチ子さんは自分が学生時代にやはり学生だった彼女の演奏を見てドキッとしてハッと感じた二人のうちの一人。

ちなみにハッとしたもう一人はギターの秋山一将。

今年もまたもや予期せぬ展開勃発!

人生おかしやおかしや。
夢お菓子だ!

でも譜面弱いからできるかな?

山勘レーダーと山勘ハッタリ全開にしてやるかな?

ドキワクッ!ワクワクッ!

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

二日間インプロ三昧

月曜日は昼がピットインプで夜が大泉のインF。

車で行くのはやめて電車で行った。
昼から楽しくなってしまい飛ばして指ボロボロ。
夜も楽しくてついつい全開。

久しぶりのインF。
ここはなんたって日本酒の店だから終わってからマスターオススメの日本酒をちびりちびり。

美味いっ!気持ちいい!幸せの酒だった。
酒は超弱いから演奏後に話してる途中でコックリコックリ。
そしてパッと目が醒めた!
へたしたら寝こけて乗り過ごしたり降りそびれる恐れあり、慌てて家に帰った。

火曜日は中野ピグノーズでインプロジャム。
インプロ楽しやほうやれほ。
いろんな個性が集結。
歩み寄りのある演奏が多くて納得!

ギターを弾く、いや擦る、ひっかく、叩く、指が喜んでいた。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

夢デュオ20年ぶりのCDが予定より早く10月7日から手売り可能になりました

高校時代はアニタオデイやエラフィッシュジェラルドなど、スキャットもしたり軽快にぐいぐいとスゥイングする歌手にハマっていました。
次にアンバートンという静かでムードのある歌手の虜になりサミーデイビスJrとガットギターのローリンドアルメイダとのデュオを聴いてからは完全にバラードの虜になりました。
彼らのデュオは全曲ルバートのバラードで心に染み入りました。
いつか好きな歌手とガットギターでバラードばかりのデュオがしたいという思いは高校三年の時以来の夢でした。

それから10年たってシューミーと出会いました。
当時彼女は毎日六本木でピアノの弾き語りをしていて超スローなバラード を立て続けに3曲演奏したりしていました。
こんな人がいたんだ!と驚いた記憶があります。

それからしばらくしてバラード主体の夢デュオが生まれました。

結成まもなくして夢デュオ最初のCDがアケタズディスクから発売になり、それから今までスローペースでやってきました。

今回二作目のCDは気がつくと20年ぶり。

デュオはバラード主体で始まり20年の歳月の中で日本語のオリジナルやスローなボサノバなどのレパートリーが加わって
行きました。
最近ではシューミーの詩によるフリーなレパートリーもやるように。

今回のCDはそんな夢デュオの足跡を記録したような作品になりました。

ゲストはベースの是安則克。
是安は長年僕らといろんな活動を共にしてきました。そして何があっても全身全霊で支えてくれるベーシストであり、ゆったりしたタイム感やパルスを共有できる数少ない相手です。

この作品ではデュオ及び3人の長年の絆やお互いに大切にしているタイムの共有感やスペース感など、そしてそこに紡ぎだされるシューミーの唄を感じてくれたら嬉しいです。

| | コメント (2)

池袋のバレルハウスでインプロ

昨日は渋さ仲間の高岡君とたっぷりインプロした。
高岡君も昔よりあの手この手が増えていてチューバ以外にエフェクト系も使用したりしながらインプロをやり込んできてるなあと感心。
ベースの瀬尾は相変わらずくったくなく好きにやっていていい感じ。
初めてやるDJ君もなかなかいい感じでパルスや波動的にも触発された。

昨日は駐車場の関係で珍しく電車で行ったからエレキギターにエフェクターは3個だけ。
せっかくのライブにエフェクタ−や鳴り物などフル装備で行って演奏したかったけど、少ない器材でも出会い頭のインプロを充分満喫した。

僕は20年前にこんなインプロがやりたくて一人ウズウズしていたけど、その頃は理解してくれる人も少ないしやる相手がなかなかいなくて一人悶々として満たされず困っていた。

今はやる人が増え年々レベルアップしてきているから徹底的にやるインプロだと自分としてはやってきた事が生かせるし楽しいライブが増えてありがたい。

ギターを弾く指が嬉しくて勝手に動き出しながら笑っていた。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

絵描きモード爆発

きたっ!今年は例年よりも早く絵描きモード爆発開始!

11月にナッテルハウスでやる個展5デイズライブに向けて一週間前くらいから絵描きモードに突入!
こうなると日夜覚醒状態イマジネーションの嵐!

今年は原点に帰ってB5サイズの紙に筆ペンで。

すでに描いていた絵を含めると40展は出展できそう。

ウーワン、ガオーッ!

| | コメント (0)

久しぶりのギタートリオ

一年以上ぶりにギタートリオでジャズやボサノバ、他にオリジナルの曲を演奏した。

ここ二年間くらい自分でメロディーを弾いて演奏するのはガットギターソロの時くらい。

久しぶりで楽しかったけど正直言って少し戸惑った。

今の自分の状態はインプロ体勢だとつくづく感じる。
ジャズやボサノバの曲を客演してる時や歌手の伴奏をしている時はよいがギタートリオというコンセプトにおいて自分で全てを弾くとなるとレパートリーは昔のままだしやる気になる曲も少ないから数曲しかもたない。

おまけにエレキギターで曲を弾いていると演奏しているうちに身動きの取れないもどかしいような感覚になってくる。
前の日に関内のエアジンでインプロをしている時にギターを弾く指が喜んでいて自由を感じながら笑っていたのが嘘のよう。

なんだか演奏しながら今の自分をつくづく感じるライブだった。

ジャズやボサノバをソロ以外で納得しながら演奏するにはしばらく期間をもうけてレパートリーを増やしたり煮詰めてからやりたいと思った。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

雨降った

おかしなもんで
あまりにも雨が降らなくて暑い日が続くと自分の体から汗や涙が雨となって毎日降りますねえ。

生態系はうまくできている、と勝手に納得!

なわけで昨日は韓国ドラマを見て小雨程度の涙雨を流した以外は久しぶりの汗知らず!

ジトジトにはサラサラ!
サラサラにはジトジト!

嵐のフリージャズには春のボサボサ!
トロピカルな癒しミュージックには狂気のインプロ!

気持ちいい〜

嬉しありがたいことです。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

嬉しい出来事

西荻窪のクラップクラップというライブハウスのマスターから1970年制のギブソンES335を長期使用可で借してもらった。
このギターは制作年からしてまともに購入しようと思ったら40万はする。
もらったわけではないがずっと使っていいというのだ。
なんと嬉しありがたいことか!

| | コメント (1)

2010年9月 3日 (金)

居場所

いろんなグループに参加してきて思うことがある。
参加していてやり甲斐を感じたり楽しめたり打ち込めたりするのはグループの中で音楽的な居場所があれば、音楽的な居場所が見つかればいいのだ。
居場所が見つかれば安心して取り組むことができる。
居場所とやり甲斐はグループのコンセプトにより違ってもくる。
だから居場所が見当たらなくてやり甲斐を見出だせない時は面白くないし苦しいという事になる。
居場所とは自分の好きな世界や自分の好きな空間と言ってもいい。

あとは様々な個性の集まる中で、その個性に対応しながらいかにやり甲斐を見出だせて行けるかがポイントになってくる。

| | コメント (1)

2010年9月 2日 (木)

さあ今年も後半戦

暑い残暑が続く中、バテぎみだけどかろうじて元気に演奏し続けることができてよかった。

健康診断に行ったら、なんとどこも異常なし。
肺もきれいだと言われてホッと一安心、胸を撫で下ろす。

まだ暑いけどもう9月。

秋になるといろいろなCDの発売記念ライヴが始まるからモチベーションが落ちないよう気をつけるつもりだ。

一つはドラムのハインツガイザ−、サックスの林栄一さん、ボイスのサガユキとやったインプロの音源がイギリスのレーベルからCDとして再発。
これは去年エアジンレーベルからでたものと同じ内容の作品。
自分でも内容が気に入っているのでなんだかイギリスのレーベルから認められたような気がして嬉しい。

二つ目のCDは大ベテランジャズギタリストの潮先さんの作品で、なんと渋さでおなじみの地底レーベルから発売。
ひよんな流れから潮先さんと歌手のサガユキのデュオに参加したら、潮先さんが三人でやる演奏をとても喜んでくれてそれが遂にCD化。
潮先さんは高校時代に数回習いに行った私の先生でもある。
この作品では潮先さんとサガユキ君との二人の世界の中でおもにオブリガ−ドとソロを半分くらい受け持っていて、潮先さんの胸を借りて二十歳以前の頃に弾いていた自分の懐かしいオーソドックスなプレイがよみがえった感じだ。

潮先さんのシンプルなギターが潔くて素晴らしい。

三つ目に発売するCDは歌手のシューミーとやっている夢デュオの二作目で渋さ時代から仲のいいサックスの泉のやっているキタカラレーベルから発売。
泉には感謝感謝。
やっと夢がかなって人生の目標の一つを達成といった気分。

二作目といってもほぼ二十年ぶりの作品。
長い年月やってきた足跡を記録したような内容になっている。
ゲストは長年何かと僕らを支えてくれているベースの是安。
夢デュオは当初から僕自身がやりたかった歌の世界でデュオ以外にも長年つちかってきた三人のタイム感や絆が記録できてよかったと思う。

秋はそんなわけで今からワクワク。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

インプロ3連チャン

日曜日は数年ぶりで下北沢レディージェーンでボイスの蜂谷真紀とのデュオ。
お互いくったくのない表現をする中で開放感とまだまだ未来があるなと実感!
お客さんでアーティスト君とカウンセラーさんの素敵なカップルがいた。
気持ちよい流れの中で全力投球していたら右手の指にできていた豆がついに破ける。
翌日の演奏に支障がなければよいが?

日曜日は入谷なってるハウスで久しぶりのエレクトリックソロ。

エレクトリックギターでエフェクト全開でやるインプロソロはやっぱり長年やっていたから気持ちいい。
前日破けた右手指の豆も支障なくガッツリトライベスト。
コアなリスナーがいてくれてありがたい。

火曜日は久しぶりにエアジンでボイスのサガユキとガッツリインプロ。

3連チャンでへたっているはずだったけど気持ちよく全開。
まだまだいける!

若い女性をつれた年輩の紳士がサガユキ君にスタンダードを歌ってもらえないか?と言ってきた。

比喩が大袈裟かもしれないけど、あんた、フリーやってるマイルスやジョンコルトレーンに昔のスタンダードやってとその場で言えますか?てーの!
六本木や銀座にあるようなおじ様達に喜んてもらうジャズクラブじゃあるまいし。
エアジンみたいなゴリゴリのライヴハウスに演奏を聴きに来るならこの種のKYな感性はちと困る。
僕らの演奏はひたすらインプロまっしぐらだった。

インプロ3連チャン。
演奏中はなんだか疲れ知らずの全開だった。

今年も今日から9月。
もう後半戦だ。

毎回トライベストし続けられたら嬉しい。

| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »