« 渋谷のココというジャズバーで | トップページ | 今やりたい事あれこれ »

2010年8月26日 (木)

インプロジャムのホストをやっていて

いろんな連中が参加してその場で組み合わせを決めて演奏するから時には難しい流れが起きる。

いろんな個性と音楽性。
いろんな考え方や意識。それぞれの今。
様々なレベル。
楽器の音の大小など。

僕の場合はできるだけ仕切らないで演奏で自分の音楽的な姿勢を示したりしながら対処してはいるつもりだが、時にはそうはいかない時もあるのだ。

ジャムセッションの場合 はできるだけみんなに参加してもらいたいからワンバージョンを10分前後にして演奏する。

すると中には突っ走って歯止めが効かなくなる奴が現れる。
それ自体は表現衝動があり潔くて自分を遠慮せず表現しているから好きなのだが、演奏する人数が四人以上になると特にインプロの場合は短い時間の中で個性の違う他の共演者が浮かばれない事態が起きる事がある。

ここらへんがホストをしていると毎回ジレンマだ。

参加者には積極的な自己表現を奨励するけど、ただ自分を表現するだけでなく共演している他の個性に対して演奏中に一歩引いて相手を聞いたり尊重して譲る気持や一緒にやるという姿勢や気持ちを持ってもらいたいと思う。
押したり引いたり。
いろんな個性の集うジャムセッションの中でも自分次第で学ぶ事がたくさんあると思うから。

|

« 渋谷のココというジャズバーで | トップページ | 今やりたい事あれこれ »

コメント

フリーセッションほんとに多々意味のある場所と感じます。お疲れ様でした。いつもありがとうです。

投稿: むらた | 2010年8月27日 (金) 04時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷のココというジャズバーで | トップページ | 今やりたい事あれこれ »