« インプロ雑感 | トップページ | 七月最後のライブ »

2010年7月31日 (土)

七月の珍しいライブ

七月二十五日は愛知県の蒲郡で解散したフェダインでおなじみのサックスの川下君と初デュオだった。

行きの車中から話しがはずむ。
お互い歳をかさねて耳が遠くなったせいか会話する時は肩を寄せ合いながらという可笑しい状態だった。

彼とは昔フェダインのゲストで数回と初期の渋さ知らずで数回一緒に演奏したくらい。

いろいろ話していると価値観の違いや今見ている方向だって違いがある。

当日は花火大会を見てから夜9時に演奏スタート。
まず川下君のソロから。
初めて見る彼のソロは曲中心で以外とメロディック。
相変わらず荒々しいサックスの音の中に彼の信じる音楽と今の彼を感じて嬉しい気持ちになる。

次は僕のソロ。
心起きなく今の自分のエレクトリックソロを展開。

二部はいよいよデュオだ。
デュオは二人で何も決めないで好きにやる。
お互いに今の自分を屈託なく表現した。

気持ちよかった。
信念が伝わって来るから演奏における話し方が違っていても納得。

自分も好きにやりながら何故かいい具合に流れて行くのを感じていた。

肝心の終りはお互いが感じた場所でどんぴしゃり。
終り良ければ全てよし。

心の中を気持ちよい風が吹き抜けて行った。

|

« インプロ雑感 | トップページ | 七月最後のライブ »

コメント

おぉ、私は、何年か前のなってるハウスでの、加藤さん、川下さん、佐々木彩子さんのライヴを思い出しましたよ。

投稿: やんてら | 2010年8月 2日 (月) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インプロ雑感 | トップページ | 七月最後のライブ »