« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

七月の珍しいライブ

七月二十五日は愛知県の蒲郡で解散したフェダインでおなじみのサックスの川下君と初デュオだった。

行きの車中から話しがはずむ。
お互い歳をかさねて耳が遠くなったせいか会話する時は肩を寄せ合いながらという可笑しい状態だった。

彼とは昔フェダインのゲストで数回と初期の渋さ知らずで数回一緒に演奏したくらい。

いろいろ話していると価値観の違いや今見ている方向だって違いがある。

当日は花火大会を見てから夜9時に演奏スタート。
まず川下君のソロから。
初めて見る彼のソロは曲中心で以外とメロディック。
相変わらず荒々しいサックスの音の中に彼の信じる音楽と今の彼を感じて嬉しい気持ちになる。

次は僕のソロ。
心起きなく今の自分のエレクトリックソロを展開。

二部はいよいよデュオだ。
デュオは二人で何も決めないで好きにやる。
お互いに今の自分を屈託なく表現した。

気持ちよかった。
信念が伝わって来るから演奏における話し方が違っていても納得。

自分も好きにやりながら何故かいい具合に流れて行くのを感じていた。

肝心の終りはお互いが感じた場所でどんぴしゃり。
終り良ければ全てよし。

心の中を気持ちよい風が吹き抜けて行った。

| | コメント (1)

2010年7月28日 (水)

インプロ雑感

はじけるのはたやすい!
面白がるのもたやすい
出しまくるのもたやすい
インプロごっこもたやすい
武勇伝がどうしたってーの?
人生は武勇伝合戦かいな?

面白がったり乱痴気騒ぎで本当の自分は満たされるのか?
それで魂は平安?
安らぎとは?

さて!

自分の魂にとってそれだけでよいのか?

インプロごっこや面白がる事と感動は何処が違うのか?

魂にとっての栄養とは?

勝ち負けは自分の魂に何をもたらす?

攻める事だけか?
ならば守るのか?

先手必勝?
逃げるが勝ち?

先に謝る勇気!
先にやめる勇気!
先に引く勇気!

自分に向き合うとは?

何がプロで何がアマチュアか?

たくさんの人の思いや意志や意識の違い!

平和とは?
自由とは?
愛とは?

真の開放とは?

みなさんと一緒に楽しみながら共に見つめて行きたいし共に生きたいものです!

音は音でしかないのか?

所詮音楽なのか?

何事も思い込んだり決めつけるのはたやすい!

自分を信じるもよし!

豊かな心、豊かな人生とは?

共に語らずとも見つめあえ感じあえればこれ幸いなりかな。

| | コメント (4)

2010年7月 5日 (月)

最近のライヴ

一日
ナッテルにて若手の歌手エミコボイスさんと。

いろんな可能性に満ちている若手とやると発見もあり、これからの自分のモチベーションにとってもよかった。

二日
外苑前Zイマジンにて若いピアニストのモモさんとベースの水谷と。

苦手な譜面地獄だったけど彼女の一途でひたむきな一生懸命さが伝わってきた。
彼女のオリジナルの譜面に出合って自分としてはあまり読めなくてもたくさん新しい発見があった。

それは若いミュージシャンのいろんなアイディアや発想に出合うから。

四日
国立の奏にて三味線の田中ユミコさんと歌手のシューミーとのインプロセッション。

自分的にはとても納得行くインプロだった。

好きな間合い、何かに縛られないで展開できるありがたさ、そして自分的に納得行く終り方だった。
だから嬉しいことに後味がよい。

何も決めないでやるインプロは終り方でその日の演奏の後味がかなり変わる。
どんなに途中でいい演奏だと感じていても終り方次第では楽しかった気分はどこかにいってしまい、へたすると疲れはてて辟易したり無駄なエネルギーを消耗してしまうことがある。
だからインプロの終り方は思った以上に奥が深いし大切だと感じるのだ。

このメンツでまたやりたいもんだ。

| | コメント (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »