« 中野ピグノウズでのインプロセッション | トップページ | 高円寺次郎吉にて »

2010年3月25日 (木)

ピグノウズでのセッション 2

参加したピアニストからblogにコメントが来ていたのでまた考えた。

フリージャズやインプロをやる人間には実にいろんなタイプがいる。

音楽のルーツも様々。

自分は30代の頃にたくさんの先輩の胸を借りて自分の思いやアイディアをぶつけてみたり自己実験したり違うルーツのミュージシャンともセッションを繰り返していた時期がある。
ロックやボサノバをジャズと同時に好きになったけどルーツがジャズだからジョンコルトレーンなどの昇天一直線にもあこがれていた。

思い起こせばいろんな時期があった。

アケタの店ではフリージャズピアニストの原田ヨリユキさんの強い気持ちや強い意志に惹かれていて原田さんから少し鍛えられた覚えがある。

ベースの金井さんやチェロの翠川さんにはスピード感のあるシュールな閃きや遊び心なども体験させてもらう。
ギターの高柳さんと長年活動をしていたドラムの山崎さんには長い時間高いテンションと強い意志でやり続けるという事を鍛えられた。
これは半端じゃなかった。
山崎さんのスピードと長い意志の持続力は他の追従を許さないくらい感服だった。

自分の意志の強さを示したくて心の剣を抜いてくだらないと思った相手や客に音で切り込んでいた時期もある。
どっちが本気でやってるか勝ち負けを意識していたりデカイ音でバンドをおおいつくしたり。
一撃必殺の思いで音をだしたり。
本気で怒って演奏してみたりハチャメチャしてみたり。

つねにその時期の思い込みがあったり頑な時期があったり傲慢だったり思い上がりの満身創痍だったり勘違いだったり誇大妄想だったり。
これは自己反省でもある。

一つの思い込みが強くて頑なすぎると他が理解できなかったり見えなかったりして二次元からは三次元が見えないみたいな状態にも感じる。

自分も含めいろんな奴の今がある。
それでいいと思う。

でも違う考えや感じかた思いかたを受け入れたり理解しあったり認めあったりしていけたらいいなと思うのだ。

さあ未来へ向かってこれからのフリーはどこに向かうのでしょう?
攻撃や戦いですか?
強い男気を示す?
本気合戦?

きっと平和です愛です優しさです。
世の中と人間の歴史を感じればもうそれしかないでしょう。
せめて音楽のつながりだけでも世界平和!

なんて思ったりもするのです。

でもいい音出したいし真剣にもやりたいものです。
コツコツコツコツ。

|

« 中野ピグノウズでのインプロセッション | トップページ | 高円寺次郎吉にて »

コメント

スミエ殿。勇気を与えてくれてありがとう。嬉しいです。

投稿: 加藤 | 2010年3月26日 (金) 02時39分

村田殿、刑を執行されたし。ワッ八ッハッ

投稿: 加藤 | 2010年3月26日 (金) 02時35分

>>きっと平和です愛です優しさです。
>>せめて音楽のつながりだけでも世界平和!

全面的に賛同desu!!

投稿: sumie | 2010年3月25日 (木) 18時19分

とても勉強になりますが、最後カッコよすぎなので、三角木馬の刑ですね。

投稿: むらた | 2010年3月25日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中野ピグノウズでのインプロセッション | トップページ | 高円寺次郎吉にて »