« シューミーのスリーデイズ | トップページ | 豊橋と名古屋に行ってきた »

2009年12月12日 (土)

潮先さんとサガユキととった音源を聴いてた

最初はリアルな音に一瞬引いてしまう。
リアルな録音だしぶっつけ本番だから自分のいいヶ所もダメなヶ所ももろ出し。
でも何度か聴いているうちにいいなあと感じたり思い出した事がある。

自分はぶっつけ本番に1番価値を置いてそこに豊かさを感じて長年演奏してきたのだ。
そこに守るものなし失うものなし。

そおいえばアケタズディスクの価値観もそんな部分が好きだった。

リハーサルをきちんと積み重ねてアレンジをして完璧を目指したからといっていいものができるとは限らない。
むしろ守りに入ってしまい魅力薄な作品が多いいと感じるくらいた。

録音を聴いているうちにサガユキさんと潮先さんの良さを感じたくさん発見する。

三人が優しい気持ちで歩み寄っている音とぶっつけ本番のクリエイティブさには豊かさを感じた。

サガユキさんの一期一会な正直さと素直さ。
そして一生懸命な姿と長年たたきあげてきた良さ。
潮先さんの謙虚で優しい音。
ひたすらギター音楽を愛して生きてきた音。
ミュージシャンの人生はいろいろ。
とかく激しく生き抜いたり生き抜いているミュージシャンや派手なミュージシャンが評価されがちだけど、潮先さんのようなずっと優しい気持ちと謙虚さをもって生きてきたミュージシャンもいる。
僕のなかでは潮先さんを貴重なベテランとして最高の評価をくだしたい。

この録音がCDになるかは潮先さんしだいだが、自分にとっては十代の頃の夢がかなった貴重な録音だった。

|

« シューミーのスリーデイズ | トップページ | 豊橋と名古屋に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シューミーのスリーデイズ | トップページ | 豊橋と名古屋に行ってきた »