« 猫様たちに癒された | トップページ | 明日は吉祥寺のサムタイムで昼の2時からガットギターソロ »

2009年9月 3日 (木)

昨日のナッテルとギター談議

ナッテルでフルートの北沢直子とデュオだった。

彼女は昔寺下さんの合宿に参加したことがあり、本能的で官能的なプレイには感心した覚えがある。
昨日は彼女の持ってきた曲をとまどいながらも好きに弾いて楽しんだ。

彼女の子供のように無垢でポジティブなエネルギーに感心したり笑いながらも時には自分のペースで演奏。
おかげさまで楽しかった。

演奏後に見に来ていたギターの鈴木一郎君とギター談議。
ガットギターはいったん目覚めると各人が独自の道を歩み始めるのがいい。
ある者はクラッシックや現代音楽にはまり、またある者はサンバやショーロ、ある者はタンゴやフラメンコにはまって一生をかけて取り組みだすのだ。

ガットギターには様々な素敵な世界があり、一生をかけて各々がじっくり取り組んでいける楽しさがある。

自分は自分の音楽縁とやり方でじっくり磨いていけたらいいなと思う。

|

« 猫様たちに癒された | トップページ | 明日は吉祥寺のサムタイムで昼の2時からガットギターソロ »

コメント

ガットギター。
僕もなんか最近やっとなんとか分かってきたのか、愛しい楽器です。
ちょうど縁?なのか、生徒はガットだらけ。クラシックばりばりの生徒にぴぴ!っと来たり、古賀メロディもいいなぁと思ったり。
加藤さんの新作は境地ですね、気に入って毎日聞いてます。
一発目のOleoから「うわ!・・・・やられた」とのけぞっておりまする。
譜面がまだ病気で読めあいのが、なんともですが。ポロポロ愛でてます。
ありがとう、加藤さん

井上雄介

投稿: いのうえゆううすけ | 2009年9月 5日 (土) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫様たちに癒された | トップページ | 明日は吉祥寺のサムタイムで昼の2時からガットギターソロ »