« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

続 北海道一人ビータ 3

昨日は札幌のジェリコでツアー最後のソロ。

カツ子君と超美味いラーメンを食べてから秋田君の働くボッサというジャズ喫茶でしばしお茶タイム。

夜はジェリコに早く入ってビールを一杯。
まだ誰もいないので店で働いている歌の子と2曲だけセッション。

ビギナーズの天然で自然な声にすっかり癒されてしまう。
彼女のボサノバはいいかもかも。

いよいよライブ。
ギターを弾き始めるとシーンとした静寂感が広がって好きな空気感に満たされる。

連日の演奏。
むちゃ弾きにも指はなんとか持ちこたえたようだ。

耳を澄まして聴いてもらえている。
なんというありがたき幸せ。
喜びを感じて気持ちが高揚してくる。

おかげさまでなんとか集中とリラックスと緊張が切れないでやり終えられた気がする。

アフターは秋田君の誕生祝いとともに2時間ばかりのショートな宴会。

早めにきりあげてピアノの福井良さんのやってるショーボードという店でお茶して帰る。
福井さんとは草野球つながり。
福井さんは僕の野球の師匠なのだ。
25年ぶりの再会は嬉しい。

一人ビータは想像した以上に楽しくて収穫あり。

ただただ感謝!


| | コメント (3)

2009年8月26日 (水)

続 北海道一人ビータ 2

おとといは札幌のクウで。
クウのマスターは昔僕がギタートリオを始めた頃に横浜のエアージンで働いていた。
何を演奏しても受け入れてくれるバイブレーションにただただ感謝。
おかげ様でソロライブは気持ちよくやらせてもらえた。

昨日は吉田さんという何回かお世話になっているマスターのやっているレジーバードでソロとデュオ。
デュオの相手はギターの佐々木君。
佐々木君は慣れないガットギターの生デュオに緊張していたようだ。

僕はといえば、すっかり楽しませてもらった感がある。

まったくアリガタヤ〜の日々。

はるか昔、苦手意識を持ってしまったビータのトラウマが一つ一つ解けていくような日々。

いたらない私はこの歳で人の有り難さをようやく体感している日々。

僕ってなんて奥手なのっ、まったく。

ベースのコレヤスが俺の事を最低人一号と言うのには当然だあ、と変に納得してしまう。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

続 北海道ビータ道中

23日は札幌のジェリコで地元ミュージシャンと演奏したりジャムったりだった。
最初のセットはトリオで自分のオリジナルを。
セカンドセットからは集まったみんなとジャムセッション。
いろんなコンセプトに対してガットギターで太刀打ちするのは大変だけどできるだけギターアンプを使わないでトライ。

どうも皆さん僕とフリーをやりたがっている気配(笑)
おかげでスタンダードは二曲のみ、あとはフリーやインプロの連打となる。
フリーやインプロをガットギターでつい本気になってしゃかりきになって弾いていると指の皮がもたないから明日からが恐い。

それにしてもジェリコには面白い奴がたくさん集まっている。
僕的にはすっかり楽しませてもらいました。

| | コメント (0)

北海道ビータ道中

8月21日の釧路は最低人ベースコレヤスと巨漢ベースエイズカの故郷だ。
彼らが高校生時代にたむろしていたジャズの店がジスイズ。
ここで演奏することができるなんて僕には夢のような出来事。
ソロはノーマイクの完全生で決行。
釧路ラーメンとサンマの刺身は美味かった。

あくる22日は経費節減も兼ねてのんびりバスの旅。
6時間バスにゆられて北海道の雄大な景色を満喫しながら札幌に到着。

今回いろいろ助けてくれたベースの秋山君とカツ子夫婦の家にお世話になる。
行っみるとこれが猫御殿。
5匹の猫たちのお世話にもなりながらいつになく癒される。
夜はオフだけど秋田君の演奏している店に行ってワンステージだけ乱入。

楽しいセッションだった。
夜中は大好きなジェリコというライブハウスに寄ってからお開き。
ジェリコにいたら酔っ払った瀬尾がやって来た。
瀬尾は今売り出し中の若手ベース。
ここは若い素敵なミュージシャンが出入りしている。
それにしてもジェリコのマスターである渋谷さんの顔を見るとホッとする。
札幌ミュージックシーンはなかなかイケているのだ!

嬉しい事です。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

もうすぐ北海道一人ビータ

ワクワクウキウキヒヤヒヤ!
まったくどうなることやら?

ガットギターソロを連チャンで演奏して右手の指肉がもつかどうかが1番の気掛かりなのだ。

去年くらいからソロライブを増やしたせいかガットギターを弾く量が今までの人生のうちで最も多くなっている。
最近はギターを弾くほうの指の爪の内側の肉にまめができて悲鳴をあげている。
こんな事は若い頃にはありえなかったのに〜。
歳とって肉体が衰えたのかも?

ついやり過ぎてマメに水がたまると痛いしマメが割れたら割れたで超弾きづらくなる。

弾く量が多くてしかも時々はちゃめちゃな弾き方もしてしまうせいで肉体の限界をこえてしまうみたいなのだ。

私の肉体様、どうか持ちこたえられますように。

| | コメント (5)

2009年8月16日 (日)

昔の生徒に再会

再会は嬉しいねえ!

最下位も嬉しい姉さんだ!
元気でなにより!

生きててなにより!

君なにより?

やっぱ縁だねえ!

エンエン。

| | コメント (4)

2009年8月12日 (水)

モチベーションが回復してきた

強烈なメマイに襲われて以来、日々なんとなくクラクラが残っていて気持ち悪かった。

土曜日のライブはまだ少しだけクラクラしていて 大変だったけど日曜日のライブくらいからメマイはまだあるものの少しづつクリアーな気分になってきていた。

昨日は大塚のグレコでソロだった。
まだ少しフラフラしたけれど、やっとメマイやクラクラから開放されたような気がした。

ホントやれやれ!

ライブをやる時はギターが弾きたいという気持ちでワクワクしていたいし燃えていたい。

ウキウキワクワクメラメラ!

たまにはフニャフニャムニャムニャクニャクニャ。
長いギター人生。
自分はまだまだ。

だから死ぬまで進化し続けたいと思う。

まだやる事がたくさんあるのだ。

ガオーッ

| | コメント (8)

2009年8月 3日 (月)

5連チャンライブが終わった。

一週間前に強烈なメマイに襲われて以来、頭がクラクラして少しフラつくなかライブが続いていた。
昨日の時点で、まだ朝起きると今までと違いクラクラフラフラ。
まっすぐ歩くのがつらかった。
正直言って自分の体調にア然としていたからいつものようにモチベーションが高いとかワクワクした気分どころではなかった。

なんとか日々楽しみながらやり終えたといったところだ。

その間に様々なインプロがありボサノバが少々。

ボサノバで譜面を追っている時に目や頭がクラクラして見失いがちだったのが悔やまれた。

インプロは自然体で取り組めた気がする。

耳鼻科に行ったらメヌエル病という病気だった。

安静が必要でストレスや栄養バランスに注意せよとのこと。
過労を避けて休みもしっかりとったほうがいいみたいだ。

とはいえ今月は毎度の事ながらあまり休みがない。
だから病気には負けていられない。

| | コメント (6)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »