« Michael Jacksonの思いで | トップページ | 昨日は国分寺モルガーナ »

2009年7月16日 (木)

セコビアの音を浴びている日々

最近は毎日セコビアの音を聴いている。

気がつくと長い年月のうちにクラッシックギターの巨匠セコビアには数々のジャズギターリストより微妙なヶ所で影響を受けているような気がする。

音楽の道は果てしなく尽きることがない。

クラッシックギターは少しづつ前に進んでいるという実感がたまらない。

いまだにヒーヒー言いながら発展途上の僕なんぞはまだまだなのです。

|

« Michael Jacksonの思いで | トップページ | 昨日は国分寺モルガーナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Michael Jacksonの思いで | トップページ | 昨日は国分寺モルガーナ »