« 心から残念!忌野清志郎さんが亡くなった | トップページ | エアージンでシナプススペシャル »

2009年5月 7日 (木)

昨日は厚木で演奏だった

一年ぶりか?
ギブソン175Dの弦を張り替えて弾いてみた。

久しぶりに弾いた175Dの音色はあまりにも渋いジャズの音だった。
せっかく弦を張り替えたのだからたまには使わなくちゃ。

この175Dを弾いているとギターが僕に語りかけて来る。

「ちゃんといい音で弾いて下さいね」と。

なんとギターさんから諭されてしまうのだ。

この175Dの年齢は僕と同じくらい。
出合う女性や人によってその人の人生が変わることがあるように出合うギターでも人生が変わるのだ。
この175Dさんは僕に音色の事や繊細でデリケートな響きの大切さを教えてくれたギターで今でも弾くたびに「いい音だして下さいねっ」と言われると「はい、わかりました」という身が引き締まるような気持ちにさせられるから嬉しいのだ。

ギブソン175D君、僕には出来過ぎたありがたいギターなのです。

|

« 心から残念!忌野清志郎さんが亡くなった | トップページ | エアージンでシナプススペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心から残念!忌野清志郎さんが亡くなった | トップページ | エアージンでシナプススペシャル »