« 今日のインプロは納得 | トップページ | 23日木曜日のライヴ »

2009年4月21日 (火)

一瞬の大感動

昨日のお昼時に何気なくテレビを見ていた。

イギリスののど自慢コンテストだかベストパフォーマンスを決めるコンテストだかの予選で起きた出来事を紹介していた。

出てきたのは飾り気もなくみすぼらしいイギリスの片田舎を思わせる身なりのオバサン。

それを見た審査員ら著名人らの顔が写る。

どの顔も最初から諦め顔。「何かの間違えでしょ」「少しあざ笑うような顔」。
早く終わってほしそうな興味のなさそうな客のニヤニヤした顔が写る。

そんな中 彼女は歌い始めた。

歌い始めて数秒だろうか、審査員の表情が写る。
「うそ〜」「ん〜これは」。
あざ笑っていた顔が彼女の唄う歌と声を聴いて喜びの笑顔に変わっ行く。

しばらくするとみんなの表情が驚きと感動の表情に変わっていった。
感動のあまり泣き出す審査員。感動と喜びに溢れた表情のお客さんたち。

彼女が歌い終わると著名な審査員たちと大勢のお客さんたちはみなスタンドァップの大拍手。
ブラボーの嵐。
聴いていた人たちの目には涙がにじんでいた。

彼女は生まれてから男性と付き合う事もキスする事もなくつつましやかに生きてきたという。

歌うのは教会だけ。

亡くなった彼女の母親が「大勢の人の前で歌ってみなさい」と言っていたという。

母親だけが彼女の才能を見抜いていた。

恐らく彼女の唯一最高の恋人は神様。
彼女の魂は神様と共に。
彼女の歌は神様と共に。

感動した。

|

« 今日のインプロは納得 | トップページ | 23日木曜日のライヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のインプロは納得 | トップページ | 23日木曜日のライヴ »