« 家のそば 桜の満開ショーが終る頃になると菜の花のショーが始まる | トップページ | CD「Last Step To Heaven」発売記念ライブ第1弾 »

2009年4月14日 (火)

オフで指を休めたけど

数年前からガットギターを弾く量がめちゃ増えた。
生徒が増えたから教える時はガットギターを弾きっぱなし。
弾かないで見ているのは苦手だからつい基礎練習やクラッシックの曲を一緒に弾いてしまう。
一対一で曲をやる時もたまにアドリブぎんぎん。

あとは歌手とやる時にガットギターとデュオだったり、インプロではガットギターでもつい燃えてガチンガチンに弾きまくるから
今まではありえなかった右手の指に豆ができるのだ。
この豆は少々休んだくらいではなくならないから
やっかい。
豆が割れた日には弦に指が引っ掛かって思いどうり弾けやしない。
ガットギターを弾く量としては、ここんとこ限度を超えているみたいだ。

ごくたまに調子がイマイチのライブやボロボロなライブが続いてしまうと飛ばしていた反動がきて軽いうつ病状態みたいな日が起きることがある。

こんな時にはよくプロ野球選手の事を思い起こす。
それは王選手や長島選手がスランプの時にひたすら素振りをしていたり野球選手がファームで一から体を作り直すために走り込みをしていたりする事だったりする。

だから生徒と一緒に基礎練習をしている時には、へたをすると生徒より初心に帰ってマジに弾いていたりすることがある。

たまに、人は私の事を宇宙人とか天才などと言ったりする事がある。
でも決して天才ではない。
新しい方法を発見したりすると、ゆっくりだけど進化したいのでギターを弾きながら考えてみたり、演奏における博打と山勘は大好きだとしても、この歳になって自分にはただ努力するしかなすすべがないと思っている。

|

« 家のそば 桜の満開ショーが終る頃になると菜の花のショーが始まる | トップページ | CD「Last Step To Heaven」発売記念ライブ第1弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家のそば 桜の満開ショーが終る頃になると菜の花のショーが始まる | トップページ | CD「Last Step To Heaven」発売記念ライブ第1弾 »