« 市川リブルの思い出 | トップページ | 新作CDのお知らせ! »

2009年3月28日 (土)

昨日は高円寺NIGHTを堪能

高円寺では初めての場所ショーボートで初めてのドラマー吉田達也君とのインプロデュオ。

僕らは若者の企画した四つのグループによるイベントライブで最後の出演だった。
店には早く入ってサウンドチェック。
その時点で今日の相手である吉田達也君とはバシッとやりたいインプロができる予感。
長年やっているとちょっとした相手の音や相手の気配、空気感である程度の事が読めるのだ。
本番が始まってみると、思ったとおり何の遠慮もいらずお互いやりたい放題でいながらスカッとしていてバシッとした展開。
演奏中無駄な事を考える必要もなく終わり方も自分の好きな終わり方だった。

自分にとって、インプロにおける終わり方は最も重要である。

何の打ち合わせもなく無駄なエネルギーも使わず変にしきらずピタッと終われる。

極端に言えばこの終わり方のできる人こそフリーやインプロ向きだと考える。

その意味でも初めて共演した吉田達也君は手応えあり。
噂通りの名人と見た。

お蔭様で気持ちよい一日だった。

珍しくインプロでアンコール。

うっかりしてシールドをギターにさし忘れて演奏していた。
不思議と音が鳴っているから笑ってしまう。
途中で気がついてシールドをさしたり抜いたり。
その度にノイズが出て楽しかった。
あーまたやっちゃった。

終わってから近くのジャズバーに弾き語りのシューミーとギターの小山が出ていたので立ち寄る。

これがまた実によい演奏だった。

お陰ですっかり癒されてしまう。

それにしてもノンジャンルのライブハウスでやるインプロは楽しい。
他の若いグループも好感が持てたし素敵なエネルギーを満喫させてもらった。

昨日はなんとも楽しい高円寺ナイトだった。

|

« 市川リブルの思い出 | トップページ | 新作CDのお知らせ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市川リブルの思い出 | トップページ | 新作CDのお知らせ! »