« クリスマスイヴ | トップページ | 生徒との忘年会 »

2008年12月28日 (日)

昨日は今年最後の国立ノートランクス

一緒にやったのはアルトの宮野さんとピアノのノバラさん。

このセットはやり始めて一年くらい。
僕にとって宮野さんは仙人の領域に住んでるみたいに感じる。
一緒にやるとひたすら感心するばかり。
ピアノのノバラさんは宮野さん同様に昔から僕にとってファンだったプレイヤー。
ノバラさんの清浄感の豊富なバイブレーションには感心しきり。

みんなの曲を持ち寄って演奏すると発見がいっぱい。
各々の自由感、間合いやスペースの楽しみかた、遊び、こだわりみたいな事が発見できて驚きや楽しみとともに関心してしまう。

今年最後の三人の演奏は来年につながるような嬉しい充実感があった。

宮野さんはポツンと最近読んだ不思議で面白い本の話しを。
こんな時の宮野さんは目が喜んでいる時の子供のよう。
なんだか可笑しい。

|

« クリスマスイヴ | トップページ | 生徒との忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスイヴ | トップページ | 生徒との忘年会 »