« 明日からナッテルで個展ライブ | トップページ | 車中でNOVOと1曲だけ入っているマザーズウォーリーの演奏音源をききまくった »

2008年11月25日 (火)

五日間の個展ライブ、そして横倉裕さんの音源

今年は特別なセッションは組まないで最近の活動を中心としたライブだった。
インプロも多く自分がノビノビとやりたい事を全面的にできるセットが中心だったせいもあって充実した五日間だった。
いつもやっているセットがほとんどで連日集中が途切れなかったことが嬉しかった。

五日間に来てくれたお客さんには心からありがとうと言いたい。

最終日にお客さんから僕が中学三年の時に聴いて衝撃を受けた横倉裕の音源をいただいた。
同じ高校で二年先輩だった彼が高校生の時に文化祭で演奏していたマザーズウォーリーというグループを聴いた時に私の感覚に雷が落ちたのだった。
上からの啓示とでもいったらいいのか。この出来事は僕のブラジル音楽の原点だった。

高校三年になった時にNOVOという横倉さんのグループに入る話しがあった。
ジャズの弾けるギタリストを探していた彼に誘われて一度リハーサルに参加したことがある。

NOVOは近々サンタナの前座として武道館でやる予定だった。
しかしリハーサルをした数カ月後に横倉さんは単身渡米してしまいグループもサンタナの前座の話しも消滅してしまった、という思い出がある。

今思うとNOVOという謎のグループは当時としてはレベルが高すぎて、まだ実力のなかった僕にはつとまらなかったと思う。
その懐かしい音源は僕にとっては青春であり大いなる宝物だ。

|

« 明日からナッテルで個展ライブ | トップページ | 車中でNOVOと1曲だけ入っているマザーズウォーリーの演奏音源をききまくった »

コメント

いつか横倉さんのレベルに追いつきたいという強い思いがささえになっていたり夢や希望でした。

投稿: 加藤 | 2008年11月26日 (水) 02時32分

大好きだった。琴でピアノのように演奏してたレコード2、3枚持っていたよ。

投稿: Shoomy | 2008年11月25日 (火) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日からナッテルで個展ライブ | トップページ | 車中でNOVOと1曲だけ入っているマザーズウォーリーの演奏音源をききまくった »