« 伊那でのサプライズ! | トップページ | 馬鹿な弟子ほど可愛いもんで »

2008年10月22日 (水)

今年の寺下合宿

毎度のことながら新しく参加した人や久しぶりに訪れた人もいて熱い三日間だった。

今年はボサノバ好きな集団が影を潜めた感はあったものの個性的で魅力のあるベーシストがたくさんいた。

参加者の真剣な演奏や久しぶりの共演に何度かウルウル。

中には少ないながらフリージャズやフリーインプロビゼーション好きもいるから、セッションではいろいろな光景に遭遇。
これが楽しいのだ。
それには自分も一役買ってはいるのだけれど、多くの個性に触れる中で発見があり勉強になる事もある。

皆の真剣な顔、笑い顔、幸せそうな顔。
時には嫌われてもいいからできるだけ本音で接してこの期間中少しでも貢献できたらと毎度のことながら思う。

音楽と音楽を愛する人間は素晴らしいのだ!

|

« 伊那でのサプライズ! | トップページ | 馬鹿な弟子ほど可愛いもんで »

コメント

荻野さん。また来たくなったときくればいいよ。インプロの落とし穴は時にジャズメンのひんしゅくを買います。わかりますね。

投稿: 加藤 | 2008年10月27日 (月) 19時47分

合宿お帰りなさいませ。
あ~やっぱり行きたかった~でもなあ・・。
などと思いながら、
レポートを読ませていただきました。
合宿には行けなかったけど、
最後に行った年に、加藤さんから言われた事
反芻してマス。
しかも、同じような事をDUO相方からも
言われて、う。と思っているところです。
がんばります。

投稿: 荻野 | 2008年10月24日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊那でのサプライズ! | トップページ | 馬鹿な弟子ほど可愛いもんで »