« 中央線ボッサ | トップページ | 春のジャズ合宿(ボーカル中心) »

2008年4月20日 (日)

いよいよ復活して始動開始したエレクトリック渦とFIS

「渦」は今から20年ほど前に三十四歳の頃に自分が始めたフリーインプロビゼーションのグループの名前。

初期のメンバーはベースが井野信義でドラムが馬場高望。
最初はジャズのみならず日本人である事や民族的な事を意識して演奏していました。
次にベースの大ベテランである金井英人さんの参加により、よりアジア的で静かな世界や狂気な世界を模索。
この頃の演奏は「渦」というタイトルのCDとしてアケタズディスクから出ています。

次なる参加者はドラムの山崎比呂志さんとボイスやギーボードもやるシューミー。
この頃から「ニュー渦」というグループ名にしました。それまで渦で表現していた世界より、より過激な世界を目指して燃焼しようという思いで演奏。
この時期の作品は地底レーベルから「アルケミスト」というタイトルで出ています。
(まぼろしの世界レーベルから「NEW渦」テープ2本)

次にやろうと思ったのが「エレクトリック渦」というグループ名での構想。
エレクトリック渦は今までの集大成という気持ちでした。
数年活動した後に人生飛ばすだけがよいとも限らないと思い活動停止。
今年からまたそろそろ再開したくなり6月に新宿ピットインにていよいよ活動再開。

「FIS」という名前は自分がインプロセッションをやる時のグループ名。
今年は相棒のシューミー以外は若手を集めて一年ぶりに再開。
入谷のナッテルハウスなどでやり始めました。

|

« 中央線ボッサ | トップページ | 春のジャズ合宿(ボーカル中心) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中央線ボッサ | トップページ | 春のジャズ合宿(ボーカル中心) »