« まだ寒い | トップページ | またしても演奏前に谷中ボッサに »

2008年4月11日 (金)

進化した人間て

植物的だったり中性的だったりして。

頑張って来た年輩の人は最近の若者は〜 なんていろいろ言う事が多々あるような気がするけれど、もしやっ?霊的な方面から眺めてみると、うーん待てよっ?

宇宙では地球の有様をわかっていてこれ以上人類が増えないよう何らかの手を打っているのかもしれない。

長い間、いわゆる男、と言われ続けて来た生き物であるが、体力びんびんで好戦的で性欲バリバリなんていう男がこれ以上増えちゃうと子供がたくさん生まれて人間が増えすぎちゃうわけで、しかも戦が絶えない。ちなみに英雄という言葉の響きにはそんな過去の男中心だった世界における象徴的なものを感じる。

で、それならばと宇宙、天上界のほうで人間の遺伝子に手を加えて男の精子製造力を弱めたり、新たなバイブレーションを送り続けて植物的だったり中性的な男が増えるよう計らっているのかもしれない。つまり戦いを好まず肉食動物的な力を必要としない男が増えるわけである。もしかしたらこの宇宙からの声に気付いた魂がそうゆう植物的だったり中性的な人となっているのかもしれない?

なんて考えていたら、突然ニューハーフは進んでいて偉いぞ!などという思いが浮かんでしまった。
うーん馬鹿げている。
いや、待てよ、一般的な常識がひっくり返るかもしれないと言へないか。

そして少しづつ新しい進化型の感性が増えているような気がする。

現代は人生の先輩たちからだけではなく、新しい感性を持つ進化しつつある若者たちからも学ばねばならない時代かもしれない。

|

« まだ寒い | トップページ | またしても演奏前に谷中ボッサに »

コメント

人間だけ自然に逆らってる?
地球に正されるよね。

投稿: Shoomy | 2008年4月12日 (土) 02時23分

いや~,今日の二ツのコメント,まったく同感です。岡本太郎じゃないけれど,空飛ぶ鳥に名前は有りますか~,ってなもんで,人間は言葉,文字を造った途端,何かを失った!人間以外の生物の方が宇宙と共鳴している。だからといって人間稼業やっちゃってるもんだから,中々戻れない。なんらかの修行が必要なんでしょう。音も言葉も人間が作りだした,意味論じゃ無くて,宇宙空間に遍在するオ~ラみたいのが本来の存在なんでしょうな。

投稿: 柴田 | 2008年4月11日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ寒い | トップページ | またしても演奏前に谷中ボッサに »