« 日曜日は八王子PAPA BEATでつの犬と | トップページ | 久しぶりにジョン・コルトレーンを浴びた! »

2008年2月12日 (火)

テレビで一年ぶりに喉頭癌から復活した忌野清志郎を見た

涙が少し溢れそうになった。
彼は芸能界の臭いがしない日本で僕が真のロッカーだと思う数少ないミュージシャンなのとプロギタリストになりかけた頃に少しだけ縁があったからだ。

19歳の頃に大学のジャズ研の外に出て初めて参加したバンドのメンバーには清志郎の友人が二人いた。一人はその後RCサクセションに入ったG2だった。
驚いた事にバンドに参加した直後、そのバンドで清志郎のレコードに一曲参加した。その時に彼の歌のあまりの個性と素晴らしさに感心した思い出がある。

初めて使用した外国製のギターアンプも清志郎の住んでいた国立のアパートで自分のアンプと交換して手に入れたものだった。
このアンプはモップスの星勝という人の使っていたアンプだったので嬉しくて舞い上がっていた覚えがある。

当時の国立はとにかく自由で何か起きそうな空気が漂っていたのだ。町を歩けば駆け出しの若いジャズメンと出会うこともしょっちゅう。バンドメンバーらとの遊びかたはハチャメチャで今思い出すとヤンチャデタラメという言葉がしっくり来る。たまに一緒に馬鹿な事をしたりしてはしゃいでいたのが今となっては楽しい思い出だ。

清志郎の天才的で自由なハチャメチャフィーリングは懐かしいあの当時の国立の自由な空気と関係があるような気がする。

復活した彼を見て胸を撫でおろす思いがした。
まだまだ飛ばしてほしいなと心から思う。

|

« 日曜日は八王子PAPA BEATでつの犬と | トップページ | 久しぶりにジョン・コルトレーンを浴びた! »

コメント

今日,東京都現代美術館に行って来ました。昔の知り合いの川俣正さんが,今,展覧会中です。4月13日までやってるそうなので,興味の在る方は御一覧を。

投稿: 柴田 | 2008年2月19日 (火) 20時33分

ウッドストック懐かしいなあ。思春期はロックを浴びまくっていました。世代的にインパクトつよかっつたと思います。

投稿: 加藤 | 2008年2月18日 (月) 15時52分

この間.久しぶりにウッドストックを観た。ジミヘンはやっぱ凄いなあと思った。ジャズをかじった事で.今まで気付かなかった音とかが.聞こえて来た。
あまた後のギタリストも聞いてきたけど.テクニック云々より.背後にある何かを表現するテクニック?とかが.この人にかなう人って余り居ないんじゃないかなと思った。
最近夜に.墓場鬼太郎と題して.貸し本屋時代のリメイク版をアニメでやってるけど.絵ずらが昔風で昼バ―ジョンとは大違い。ああそうだった…あの時の鬼太郎は不気味だったっけ!人間界と妖怪界?の間を行き来する異界の存在だったなあと想いだしだ。

投稿: 柴田 | 2008年2月15日 (金) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日は八王子PAPA BEATでつの犬と | トップページ | 久しぶりにジョン・コルトレーンを浴びた! »