« テレビで一年ぶりに喉頭癌から復活した忌野清志郎を見た | トップページ | 温暖化と音楽 »

2008年2月23日 (土)

久しぶりにジョン・コルトレーンを浴びた!

生徒が貸してくれたジョンコルトレーンのCDは彼が死ぬ三ヶ月前の演奏だった。

壮絶な叫びの世界。
胸にジーンと来る。

思い浮かんだのは黒人奴隷の事、イスラム教とキリスト教の殺戮の歴史、人種差別などなど。

ここ数年北朝鮮による日本人拉致が騒がれている。
歴史的に類を見ない大量の拉致は勝手に別の大陸に移り住み先住民を蹴散らし自分たちの大陸だと宣言した本当は一番危険な人種の危険な国によるものだったと思った。そんな国がイランや北朝鮮を危険国家と名指ししているのも気が狂っているとしか言いようがない。

人類は愚かな歴史をいまだに繰り返している。

|

« テレビで一年ぶりに喉頭癌から復活した忌野清志郎を見た | トップページ | 温暖化と音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビで一年ぶりに喉頭癌から復活した忌野清志郎を見た | トップページ | 温暖化と音楽 »