« からっぽ | トップページ | 秋かな? »

2007年10月 1日 (月)

夜中にポカン!で閃いた!

たまに普通の人にはは見えない世界が見える人がいる。 あそこにいる、さっき通った、後ろにいる、などなど。 へたすると見えない方々と話せる人もいるみたいだ。

ここはおもいっきし楽しく明るく考えてみると、2つの世界が見えて2つの世界に友人がいたら考えようによってはメチャ楽しいかもしれない。

自分の場合、時々そんな何かを感じる事はあっても見えるとこまではいかない。 せいぜい話しかける程度である。 いっその事、見える人同士でもっと交流して情報確認しあってほしいと思う。 それに見える人同士で「今いたけどキミにも同じように見えてるよね」みたいな相互確認があっていいと思う。 形や色の確認もしあってほしい。 せっかくそうゆう能力があるんだから世のため人のため、ほっとかないで極めてほしい。 そうゆう人は「見えない世界がみえる人の会」なんか作ってますます理解を深めてみてもいいんじゃないかと思う。 自分で気が付かないでいてそうゆう能力のある人は特に、それはどういう事か理解してほしいと思う。
みえない世界地図とか、「あそこには見えない人が立っていてこっち見て手を振っています。 名前は何々さん」みたいな案内書とかあればこっちだって見えないけど挨拶するとか話す事くらいは出来るかもしれない。 「いやあ、まだいらしたんですね。 毎日ご苦労様」 「そろそろ行かなくていいんですか? みなさん行かれましたよ。 あっ、こっちにまだいたいんですね、では頑張って下さいね」 みたいな。

                                                  

|

« からっぽ | トップページ | 秋かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からっぽ | トップページ | 秋かな? »