« 安部総理辞職 | トップページ | 一日だけど休日三昧 »

2007年9月13日 (木)

いつのまにやら

気がつくと蝉の鳴き声がしなくなっていた。 代わりにコウロギの鳴き声。 忍び来る秋の足音。

夜中、気が向くとギターを弾いたりもの思いにふけったり。 ポジティブな夢気分だったりネガティブな気分になっていたり。 一日で一番のんびりする夜中は貴重な自由時間。 そしてロマンチックがいっぱい。 スイッチが入ると絵を描いたり作曲したり。 何もできない時はウダウダモンモン。 なんとはなしに淋しさを感じたり不安になってみたり泣きたい気分になってみたり。 自分からウジウジウジウジ。 時には妄想爆発、朝まで興奮迷想。 俺は天災だっ! ゲッ、俺は不眠症か?

夜中はいろんな気分がやって来る。 情緒的バラエティーに富んだ一人だけの時間帯。 夜中の静けさの中にあって、胸を張って強がる必要もない。 丸大ハムの子じゃあるまいし、元気じゃなくたっていい。 強くなくたっていい。 明るくなくたっていい。 頑張らなくたっていい。

日々押し寄せる様々な情緒感に身をゆだねる。

夜中の情緒三昧。 これって意外と豊かさにつながっているような気がする。

                                        

|

« 安部総理辞職 | トップページ | 一日だけど休日三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安部総理辞職 | トップページ | 一日だけど休日三昧 »