« ギターソロ | トップページ | からっぽ »

2007年9月30日 (日)

今日

今月最後になんとか2日続きの休みを確保していた。 地方の温泉にでも行く予定だったけどやむなく中止。 昼すぎに母のいる施設に顔をだし2時間ほど過ごしてから吉祥寺に行く。 休日には昔から地元の吉祥寺に行くことがごくたまにある。 なんとなく行ってしまうのだ。

ちょっとした買い物の後に居酒屋さくら水産に行きビールと食事を堪能。 すっかりほろ酔い気分のままサムタイムに行ってみた。 サムタイムは開店当時、19歳の時から2年ほど週2日レギュラーで出演していたこともありプロとして自分発祥の場所でもある。 いわば故郷のような所だ。 オフの日はごくたまにブラッと行くことがある。

今日はボーカルの河原厚子が出演していた。 彼女は大学時代の同級生、今も現役で頑張っている。 素敵なハートを持っていてたいした奴だ。 ベースは旦那の河原、ドラムは悪友でもある小泉。 二人とも20歳頃から知っている仲間だ。 ピアノは羽仁だった。

楽しくもありジーンと来る場面もあり、いい演奏をしていた。 みんないつのまにやら50代、たたきあげてるなと同胞として感心。 まさにプロだ。

思うに、ミュージシャンにはいろんな個性がありいろんなジャズがある。そ してみんな個々に役割があるように思う。 同級生の河原厚子は努力とハートの人で長い年月をかけて本当に叩き上げて来たなと思う。 ベースの河原は昔から地味なポジションにいて今でも相変わらず誠実なベースを弾き続けている。 そしてヒップホップも踊るという。 ドラムの小泉は、昔ドナルドベイリーという日本にいて僕らミュージシャンから愛された名ドラマーの音楽性を一番吸収している奴だなと感じた。 羽仁もいいプレイしていたと、みんなに感心。

とかくフリーをやっていたりするとスタンダードやスタンダードをやっている連中を馬鹿にしたりすることがある。 またその逆もしかり。 でも知らないで思ったり言ったりしていることもあると思うのだ 。本気でやり続けている奴の多くはは皆ヒップでけっこうイカシテイル。 決して馬鹿になんかできないと思うのである。 フリーやっていようがスタンダードやっていようがみな音楽馬鹿。 ちゃんとキャリア積んで来ているというのはすごい事なのだと思う。 皆それぞれの分野でやっている役割と意味があると思う。 今日の休日三昧は収穫あり。 俺も頑張らねば。

                                                

|

« ギターソロ | トップページ | からっぽ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギターソロ | トップページ | からっぽ »