« 文化祭で高校生を見ていてふとわいた、落ちこぼれた時そこに何かがあれば | トップページ | 日本のブラジル音楽の世界について思った事、まだ狭い! »

2007年9月22日 (土)

あさってはベースの杉山茂生の結婚披露パーティー

ベースの杉山を初めて見たのは寺下さんの合宿だった。 初印象はレゲエ帽なんぞをかぶりメロウで怪しい自由人という感じだった。 突然ギターを弾きながらボサノバを歌いだしたのに驚いたのを覚えている。 怪しくてメロウで自由。 ブラジル音楽までやっちゃうなんて俺が惚れないわけなかった。

杉山とはその後何年もたってから弾き語りの平田王子やシューミーのセットなどでたまに一緒に演奏するようになる。 彼は遊び心旺盛。 自由で豊かな感性にあふれている。 枠にはまらないし音楽家として落ち着き先が見当たらないくらい自由な奴だと思う。 僕は彼のギターの弾き語りのファンでもあるが、意外な事にフリーやインプロをやらせてもバッチシ。 さすが自由人杉山。 長野の山奥に自分で木の家を建てて住んでいたというのにはビックリ。 この家は一度行ったことがあり大きなログハウスはまさに彼の夢そのものだと思った。 今は東京に住んでいて写真家の素子ちゃんとの新しい人生が始まっている。

何があっても怪しくてメロウで自由で豊かな彼には心からオメデトウと言いたい。

|

« 文化祭で高校生を見ていてふとわいた、落ちこぼれた時そこに何かがあれば | トップページ | 日本のブラジル音楽の世界について思った事、まだ狭い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文化祭で高校生を見ていてふとわいた、落ちこぼれた時そこに何かがあれば | トップページ | 日本のブラジル音楽の世界について思った事、まだ狭い! »