« ジャズとスタイル | トップページ | いつのまにやら »

2007年9月12日 (水)

安部総理辞職

同級生として言いたいのは、ただただご苦労様でした。 お疲れ様。

だいたいこんな時期にあの若さで総理大臣になるということ自体ちょっと考えればおかしいと思われる。。

知恵のある頭のいい政治家ならこんな時期は身辺整理して静観しているような気がする。 表向き安部総理を応援するというスタンスをとりながら後ろから意見するというポジションにいるのではないか。 で、「安部君ここはひとつ泥を被ってくれ。 借りは返す」 みたいなやり取りがあったのではないかと思われるくらい彼があの若さで総理大臣になったという事が不思議でならない。 後のない先輩政治家たちはゲルニ状態だったのでは? と思えてくる。

|

« ジャズとスタイル | トップページ | いつのまにやら »

コメント

安部は人がいいし優しい人間だとおもいます。いくら仕事だとはいえ彼は人との摩擦には向いていない。いいか悪いかは別として、小泉さんの始めた事は小泉さんでなければ無理だと思う。彼は矢面になったんだとおもいます。

投稿: | 2007年9月17日 (月) 00時58分

昨日からのニュースでだいぶすさんでまして、政治的には私は絶対アベさんは合わないのだけど、でも総理になったのを「災難だな」とずっと思ってて、昨日はかわいそうになってしまって、「だれもかばってやらんのか」て吐きそうな気分になって。なので同級生の「お疲れ様」は救われました。

投稿: さとこ@豊橋 | 2007年9月13日 (木) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャズとスタイル | トップページ | いつのまにやら »