« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

松風さんと初めてデュオをした

松風さんとはもう長いこと彼のグループやシューミーのグループ、今村さんのグループで一緒にやってきたけれど、デュオはやったことがなかった。

松風さんとはさんざんリラックスして楽しくやってきたのにデュオとなるとなんかなんかオロオロドキドキ、ワクワクと不安が交錯したような気分。 曲はなんとかなると思うけれどフリーに関しては未知数だ。 僕は最近フリーに関しては少し慎重というかナーバスぎみ。 フリーは本当にやろうとしたら人によってやり口が違うし事と次第によっては無駄骨に終わることもある。 はたしてはたして?

結局フリーはオリジナルのインプロ向きな曲を4曲ほどやり、あとはその他お互いのオリジナルとスタンダード。 うーん、なんかこの出来事は我ながら可笑しい。 松風さんのスタンダードと好きにコードをつける自分。 ありえなかった出来事に演奏中嬉しさが込み上げて来る。 松風さんはフリーな曲も無理なく大人して楽しんでいる感じがした。 やりまくるフリーもあるけれど今日みないなフリーも自分にとって大いに今後の参考になった。 最初は少しこじんまりとした感じだったけど次第にほぐれながら自由だったような気がする。こんなデュオも忘れた頃にまたありか♪♪ありがたやありがたや。

                                      

| | コメント (2)

2007年6月28日 (木)

なぜか?ここのところ毎日ルイザンのベースを浴びまくっている♪♪

車の中で毎日ルイザンの音を浴びまくっている。 カーステレオのイコライザーでベースを最大にして聴いているのだ。

もう一週間ルイザンだけを聴いている。 あまりの素晴らしさに感動して震えがくる。 目頭が熱くなりかける。 今回はあの世からこうメッセージしてきているような気がした。

「とらわれないで自由にやりなよ♪ 過去にとらわれないでやりなよ♪ 執着しないで楽にやりなよ♪ 優しい気持ちで楽しみなよ♪ 大丈夫♪ 心配ない♪ 上手くいくよ♪」

ルイザン♪ ムィントオブリガード。

| | コメント (2)

2007年6月20日 (水)

個展のお知らせとライブ

七月一日(日)から七月二十四日(水)まで板に描いた絵の個展をします。 タイトルはミドリロリ。

場所はサンジェルマン8世というJR国分寺駅南口から歩いて二、三分のところにあるBAR。 電話は0423-28-1385。

初日と最終日にライブがあります。
初日七月一日は若い女性ばかりのトリオとのセッション。 メンバーは私とピアノが中島弘恵、ベースが伊東里栄子、ドラムが安永春美。 若手とのスタンダード中心の未知なるセッション。

最終日はシューミー(P.VO)のボサノバスペシャル。 メンバーは歌とピアノがシューミー、ギターは私、ベースが杉山茂生、ドラムがアレックス。 シューミー流ボサノバざんまいとなります。

                                           

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

最近思う事

おもしろがる。 へたすると悪ノリしてる。 遊びばかりが目につくごっこしてるフリーやインプロがふえたなあ??  みんなで面白がってるなあ。

二十数年ほど前に自分もフリーを始めたんだけど。 最近フリーの世界で「おもしろい」という言葉をよく耳にする。 もちろん自分もそう言うことがあるけれど。 考えさせられる事もあおおいにある。

富樫さんのフリーが? 高柳さんのフリーが面白かっただろうか? 自分はそうだったとは思わない。 そこにはもちろん強烈な思い込みや探求心があったのであるが何か時代のメッセージがありサムシングがあり真摯な音が凝縮していたように思う。

最近思うのは、良くも悪くもフリーが減っている、一般のリスナーのもとに降りて行き追いかけて行きニコニコしながら近づいて行っていると感じる。

なんか変。 感性の良い子が子供に帰る事を思い出して喜んでいるインプロ。 今までやっちゃいけないと教わって縛られていたけれど実は感性の良い子がやっとオイタをする開放感と喜びを発見してやっちゃってるインプロ。 優しく育てられた子の天然インプロ。 つくづく増えたなと感じる。 へたするとフリーのカバーまで登場している今日。

これらの流れは時代的には良かったなと思い、そうやって自分を取り戻したり開放できたり発見できたりと良い事もたくさん感じるんだけど考えさせられる事も多い。 あー面白かった。 なんてオカシイノ。 変なの。 過激なの。 だとしたら、そこに魂を震わす感動はあるのか? 達成感はあるのか? やり甲斐はあるのか? 本当にいい音、胸を打つハートはそこでたくさん見いだせるのか? プロとアマの境目や違いはどこ? 遊びと本気の違いはどこ? 見いだせるのか感じられるのか? 遊びは悪くないとも思うしトライしてやってみるのも大いに結構だけど、さてっ、遊びたいだけ? その先は? いつ自分と向き合うの? ロックした心を吠えてぶちかましたいだけ? フリーは偉いの? 何? フリーをやっている身ながら疑問がおおいに起きる。 ならば普通に一生懸命に曲やったり
普通に媚びないでで悪戦苦闘してジャズやってる奴の生き方はあえて貴重で美しいのでは?

| | コメント (3)

2007年6月15日 (金)

ライブのお知らせ

六月二十日(水曜)
吉祥寺サムタイムにて夜七時半開演。 電話0422-21-6336

加藤崇之ギタースタンダード♪ ドラムスは小山彰太。 ベースは是安則克。
ガットギターによるお楽しみスタンダードのライブです。

| | コメント (2)

2007年6月12日 (火)

携帯電話

使っていた携帯が壊れてしまった。 もう一週間、画面は白くなったままで二度と元に戻らないみたいだ。 さっそく新しい携帯に換えた。 それまで使っていた携帯はそのままの状態でバッテリーのなくなるのは時間の問題だった。 最後に誰かからメールが来ていた。すでに見ることはできず誰から来たメールかもわからない。 まだバッテリーがのこっているのか、時たまそのことを伝える緑色の光が点滅している。

ふと、この緑の点滅が止まってしまったらこの携帯は遂に死んでしまうような気がしてきた。
そう思ったらなんだか淋しくなって来たので、もう生き返るはずはないけれど充電した。

すでに意識もなく人の心臓がペースメーカーだけで動いているだけの状態の時。 もう生き返る望みが絶たれと判断してペースメーカーをはずす時の事を思い出した。 もう使う事のないこの携帯の緑の点滅が彼の最後の命の点滅に感じてしまった。 点滅が唯一彼が生きている証であるかのような気がしてしまった。

                                          

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »