« 15年以上続けてきたバイトを辞めた | トップページ | 彩ちゃんとのデュオ。 きっかけはテレパシー »

2006年8月12日 (土)

銭湯での不思議な感覚

幼い頃から通っている銭湯がある。

岩風呂という名前で昔のままの洗い場、そして湯船。

ふと、初めてここの湯船につかった時の記憶と映像がよみがえってきた。 たしか六歳の頃である。 今と同じ場所。 湯船のはしの突き出た岩の影で多少オドオドしながら目をギョロッとさせている六歳の自分がいた。 僕は懐かしい思いで彼を見ていた。 そして彼に声をかけた。 「ボクっ、もう45年たっちゃったよ。これが今の僕だよ」 、「人生は後戻りしてやりなおせないからこれからも前に進むしかないよ」、 「そして45年たったらこんなになっちゃったよ」。

あの頃広く感じていた湯船と洗い場。 背の低い私は大人の中で不安げに湯船に入っていた。 ニコッと微笑みながら見知らぬオジサンが親しげに近付いて来て優しく話しかけてくれた。

あれはきっと未来の私だったのかもしれない。

                                                

|

« 15年以上続けてきたバイトを辞めた | トップページ | 彩ちゃんとのデュオ。 きっかけはテレパシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20122/3026718

この記事へのトラックバック一覧です: 銭湯での不思議な感覚:

« 15年以上続けてきたバイトを辞めた | トップページ | 彩ちゃんとのデュオ。 きっかけはテレパシー »