« 三月のライブを振り返って | トップページ | 春 »

2006年4月 6日 (木)

縁で続き縁で広がり縁でつながって行く音楽人生

4月4日ナッテルにて永田雅代という女性鍵盤奏者とデュオをした。

十年ほど前に新宿ピットインの階段で彼女から声をかけられていなかったなら4日のデュオはなかったかもしれない。 当時彼女はまだ22歳くらいで鹿児島の鹿屋から上京して自分のトリオでフリーを演っていたようだ。 私の「渦」というCDを持っていて声をかけたそう。 なぜかその時の事が印象深く、その後も彼女のことがずっと記憶のかたすみにあったのだ。 今年偶然会う機会があり閃いた私は彼女との博打デュオを試みた。 気がついたら彼女の演奏は聴いた事もなく、あの一度のすれ違いだけである。

現在、彼女は私のよく知っている室館彩、小野アキ、関根真理らとも演奏をしていたりサックスの泉やチューバの高岡らのこともよく知っているとのこと。

なんかオカシイ。 仲間の輪が広がりつながり出す。 自然な流れのなかで出会ったりつながったり演奏したり。 このような事は私にとって素敵で幸せな事である。 

思えば今一緒やってる多くの仲間も面白い出会い不思議な出会い感動的な出会いがあり今に至っている。 出会いと縁、そしてそれが広がりつながって行く。 なんとも感慨深いものがある。

                                                 

|

« 三月のライブを振り返って | トップページ | 春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20122/1304986

この記事へのトラックバック一覧です: 縁で続き縁で広がり縁でつながって行く音楽人生:

« 三月のライブを振り返って | トップページ | 春 »