« 私のようなジャズファンてもう少ないなあ (独り言) | トップページ | ガオーッ 久しぶりの渋さ! »

2006年3月29日 (水)

ジョンコルトレーンの最新盤ハーフノートのライブを聴いた!

素晴らしい! の一言につきる。

若い世代のジャズファンやプレイヤーにとってジョンコルトレーンがどのような存在であるかは知らないが、私などはジャズ喫茶や家で盤が磨り減るくらい聴いていた。 下敷きにコルトレーンの写真を挟んで高校に通っていたくらいだ。

ギタリストを目指していたがコルトレーンのようになりたいとも思い夢をふくらませていた。ジャズを目指す者の希望でありジャズプレイヤーのお手本の一人であり音楽的生きかたを尊敬しあこがれたりもしていた。 人によっては神様的な存在だったと思う。

実際に十代の終わり頃、プロになる直前にピットインのオーディションを受けた時にコルトレーンを意識した曲などを演り、君はどんなギターが弾きたいのかと店長に聞かれた時、私はマッコイやコルトレーンのようなギターを弾きたいなどと答えた覚えがある。 これは超若げのいたりではあったが、ジョン・コルトレーンとそのグループの存在はギタリストである私にとってもそれくらい大きな存在だったのだ。

三十分近く吹き続ける彼のプレイはエルビン・ジョーンズやマッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン抜きでは語れないが、確信に満ちていて嘘がなくずっと行きっぱなしだ。 これにはひたすら感動せざるをえない。

もはや面白いとか楽しいという次元ではなく圧倒され、ただただ感動させられる。 やはりコルトレーンはすごい! たまにはジックリ聴かなくてはとあらためて思った。

                                    

|

« 私のようなジャズファンてもう少ないなあ (独り言) | トップページ | ガオーッ 久しぶりの渋さ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20122/1202003

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンコルトレーンの最新盤ハーフノートのライブを聴いた!:

» Vol. 23  ジャズ好きな友人 [ビートルズな気分]
 10年位前になるでしょうか、ジャズの好きな友人の一人から一冊の本をプレゼント [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 00時23分

« 私のようなジャズファンてもう少ないなあ (独り言) | トップページ | ガオーッ 久しぶりの渋さ! »