« 遂にシューミーバンドのCDが発売された | トップページ | これはすごい事である! »

2006年2月14日 (火)

グッドマンというライブハウス

ここには普段がある。 普段とは日常であり音楽と生活の普段である。 気負いはなく無理もなくそのままでいていつものようにである。

昔からフリーを中心にやってきたグッドマンという店は今年の六月で閉店になるという。 三月に新しい場所を探すそうだけど是非続けてほしいと思う。

このようなライブハウスで自分と向き合って表現活動して行くことは、かけがえのない事だと思うからだ。 守るものもなく失うものもなくとりつくろうこともなくである。 なにも大きな会場を満員にして演奏するだけが幸せな事ではない。 このようなチープなライブハウスで活動する中で感じたり発見したり悩んだりしながら成長して行く事も幸せな事だと思う。店も普段通りなら演る方も普段通り。 

別にショーやコンサートのような大袈裟なものではなく、ただ音楽する。 ただひたすら追求する、楽しむ、実験する、遊んでみる。 何でもやってみる。 きっとその先が見えると思う。

                                            

|

« 遂にシューミーバンドのCDが発売された | トップページ | これはすごい事である! »

コメント

「グッドマン」懐かしいなぁ。僕のフリージャズの原点でもあるわけで。。。
鎌田さん元気でしょうか?
移転してもがんばってくれるといいなぁ。

投稿: 高木 | 2006年2月14日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20122/704263

この記事へのトラックバック一覧です: グッドマンというライブハウス:

« 遂にシューミーバンドのCDが発売された | トップページ | これはすごい事である! »