« あー | トップページ | 銭湯の記憶 2 »

2006年1月26日 (木)

今日の銭湯と幼い頃の銭湯の記憶

今日行った銭湯は西荻の秀ノ湯だ。

ここは露天あり薬湯あり電気風呂ありジャグジーありとスーパー銭湯並の種類豊富な銭湯だ。 なのに値段は四百円で普通の銭湯と同じだから お金に余裕ない人にはおすすめだ。

銭湯へ行くとよく幼い頃の記憶がよみがえる。 最初はまだちっこかったので女風呂へ入っていた。 小さい自分には近所のオバサンのモモやお尻が巨大に見えたものだ。 ゲーッなんて太いモモなんだ、すごすぎるー  あそこの毛は竹ぼうきの先みたいだ、ボアッ  ウゲー  いろんなお尻とオッパイやあそこの毛は幼い私には驚きの連続。 体が小さく目線が低いから今とは視野が違うのだ。 一度溺れかけたことがあった。 12歳年上の姉がセッケンだらけで飛び込んできて広いあげてくれたその時、僕の目の前にあの竹ぼうきの先が目に飛び込んで来たのだ。 ボアッ すごすぎるー

誰かがウンチしちゃったみたいで、二人の子が湯船でウンチを浮かべて遊んでいたのも懐かしい記憶である。 着替える時にチンチンがピーンとしていたら 近所のオバサンが「あらー ボク気持ちいいのね」なんて言ってニコニコしてた。

すこし大きくなると男風呂へ行かされた。 ウエーッ  他の人のチンチンなんて見たくないよお、なんて思ったけどしかたない。 ウーッ なんて長いチンチンなんだ、なんて大きなキンタマなんだ、すごすぎる! 今度も驚きの連続だった。 刺青のオジサンもいつもいて変なのー なんて思ってた。 常連のオジサンは定位置があって浪曲や浪速節を気持ち良さそうに歌ってた。 

あー 銭湯好きだなあ。

                                            

|

« あー | トップページ | 銭湯の記憶 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20122/508606

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の銭湯と幼い頃の銭湯の記憶:

« あー | トップページ | 銭湯の記憶 2 »